TOP > 政治・経済 > 塩野義製薬、急がば回れのコロナワクチン開発 | 医薬品・バイオ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

塩野義製薬、急がば回れのコロナワクチン開発 | 医薬品・バイオ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

――新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の開発はどのような状況でしょうか。これまで治療薬を開発してきたインフルエンザやHIVは、ウイルスそのものを10年単位で調べてきた経験がある。抗ウイルス薬のデザイ...

ツイッターのコメント(11)

塩野義というか、日本の問題って感じ。
是非とも安全第一でお願いしたい。変な病原菌が増えても困るしね。>
<< 新型コロナワクチンは長い期間使用されるのだろうから、焦ることはないと思います。>>
―海外で進むワクチン開発は、実用化されたことのない技術を利用。未知の副反応など、安全性については不明
―インフルワクチン以上の頻度や重さで副反応が出るとなった場合、社会的に受け入れられないのではないか
| 海外で進んでいるワクチンは、どの感染症でも実用化されたことのない技術が用いられている。未知の副反応(副作用)が起きるなど、安全性はどうなるかはわからない
もしインフルエンザワクチン以上の頻度や重さで副反応が出るとなった場合、それは社会的に受け入れられないのではないか。そう考えると、焦って開発することはできない。
今もこの先も大切に、安全を第一に考えてくれる国産ワクチンに期待したいです
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR