TOP > 政治・経済 > 半年ぶりのイタリアで見た「コロナ対策」の現状 | コロナ後を生き抜く | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

半年ぶりのイタリアで見た「コロナ対策」の現状 | コロナ後を生き抜く | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

筆者は9月に入り、イタリア北部へ仕事上の理由で滞在した。この3月に東洋経済オンラインにてレポートしたコロナ禍において大きな被害を受けた現地の様子を、半年ぶりにリポートしてみたい。ちなみに、筆者はここ数...

ツイッターのコメント(13)

医療、業務目的の渡航であれば120時間以内の自主隔離なしの滞在を認めると。つまり5日間であれば、そのまま入国して帰ってくることができる。

参考になるす😭

より
今のイタリア。
ドイツよりルールはしっかり出されてるんだね。
いまのタイミングでは、希少な経験を読むことができる。
トリノのサンカルロ広場の人出はいつもこんなもんだけどなー
自宅が東京にない人はまだホテルで自主隔離なの?これじゃあ帰れない😭
イタリアの感染者数、死者数の推移を見てみると、最近は日本並みに改善されてきている。
現在はさまざまな補助金が出ている為、なんとかしのいではいるが、これからは経済的なダメージがとくに雇用の面で大きく出てくることを彼らは憂えていると。→
ディナータイム以外のところではかなりキツめにルールづけと監視がされてるんだな。。
今増えてるのはバカンス期間だったせいなのかな
ディナータイムはリスキーらしい。
記事の中の「抗体検査」は、「抗原検査」が正しいです。
今回イタリアに滞在して誰一人とも握手をすることはなかったし、もちろんハグすることもなかった。みんな腕をぶつけ合うというおなじみのポーズで親愛の情を表すことに徹している。越湖信一さんのコラム。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR