TOP > 政治・経済 > 「アイドルマスター」誕生15年で見えた新境地 | ゲーム・エンタメ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「アイドルマスター」誕生15年で見えた新境地 | ゲーム・エンタメ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

画面の中でしか会えない存在だったゲーム内のアイドルが、目の前で見られるようになったら――。アイドル育成ゲーム「アイドルマスター」(以下、アイマス)シリーズが、MR(複合現実)技術を使ってより生身のアイ...

ツイッターのコメント(39)

勝股さん結構出張るようになってきたなあ。これでニコ生で演者に弄られるようになったら面白い
アイマスやMR技術の解説のほか、収益化まで触れたのはさすが経済誌。良い記事でした
MRが出来たのもある意味鉄拳のおかげ…?
赤羽会館はアイマスを知る前だから知らないんだよね。渋谷O-EASTのライブからだから。。。
Toyokeizaiから こんなんあったんだ
東洋経済で「アイドルマスター」の文字列を見ることになるとは
アイマスって箱起源なんだ
東洋経済オンラインでも美希MR取り上げられてる!
アイマスが15年。。。。
» | 経済ニュースの新基準
MRの配信、「SHOWROOM側からお話をいただいた。」んかぁ
記事内の写真で千早のステージの記憶が蘇った
千早出てきた瞬間にボロ泣きしてしまったんだよな……
MRライブ設備が普及していったら、声優がライブ出演することもなくなる可能性もある。それが棲み分けるか。オタクが精神病として認知されるほど重症化しそう笑
経済系だから金の話かと思ったら割と内容をしっかり伝えていた。
星井美希特別生配信は神だったよな。アイマス最高! >
MR方面にも発展してほしいけど、やっぱり現状では収益化が難しいのか
東洋経済がアイマスの記事書いてる
微妙にあってるのか間違ってるのかわかんない記述があるな……インタビューのところは良さげだけど
萌えるっ( ゚д゚)!!
読みました。
この見方が興味深いですね💁🏻
みてれぅ:
巣ごもり需要追い風のゲームで減収減益だったバンダイナムコHDがMRライブ中止で苦しんでるのは盲点だったよなあ。
内容的にはご紹介レベルだけど、ビジネス紙のサイトっていうのがちょっと違うのかな。
Pは遍在。

SHOWROOM側からお話をいただいた。同社のエンジニアがアイマスのプロデューサー(実際のファン)で、ライブ中止を残念がっていた

@Toyokeizai
アイマスがここまで伸びたのは「ニコニコ動画」のおかげでもある。「とかちつくちて」をはじめ、アイマスはネタにされ続けたからなぁ。まあそれが愛の形なんだけど。笑笑
東洋経済に乗るんだなあ
アイドル育成ゲーム「アイドルマスター」シリーズが、MR(複合現実)技術を使ってより生身のアイドルに近づきつつある
MRを打ち出していく追い風になったという意味でも、あの配信は大きな意味があったんだなと。MR ST@GEはインパクト強いけど箱小さかったし
で、カネになるの? リアイベ難しい中で巣ごもり需要捉え収益生み出す新しい仕掛けを提供できる? 大事なのそこだよね? と聞きづらいとこ切り込み。経済誌ならでは。

「アイマス」誕生15年で見えた新境地
「アイドルマスター」誕生15年で見えた新境地。なるほどねぇ。目の前で「立体的に動くアイドルか」まぁ今は、声優さんも「歌って踊って」だしねぇ。個人的には、そこまでしないといけないんだなぁみたいなですが。
媒体的に、最後に触れている事項をもうちょっと突っ込んで欲しかった感がある
やはり先の美希SHOWROOM配信はニュースバリューのある成果が得られたんだなぁ、と
「ゲームのユーザーがリアルで集まることのできる場を作ること。これを私たちは”同好の士の集い”と呼んでいます。」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR