TOP > 政治・経済 > 在宅勤務でかえって疲弊する人々の密かな苦痛 | ワークスタイル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

在宅勤務でかえって疲弊する人々の密かな苦痛 | ワークスタイル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

働き方が変われば、生き方やライフスタイルも変わる。テレワークをするということは、コンタクト中心からアンコンタクト中心への移行にともなって生まれた、暮らしのメリットも享受できるということだ。シリコンバ…

ツイッターのコメント(17)

日常との境界があいまいになるのはそうだと思う。
電子戦で都市にいながら遠隔で人殺しする兵士は病みやすい記事を見た
■今人気の記事■ 【在宅勤務でかえって疲弊する人々の密かな苦痛】
海外はすごいねえ 法制度があるのか
休暇中の社員へのメールを自動返信にさせる機能とか素敵だね
オンとオフの区切りが無くなり過労になりやすいそうです
あと別の記事では新人教育に大きな制約があり問題があるとか
ネットに慣れている若者ほどリモートを好むってあるけど、中学までオンゲやチャット文化で育ったけど、高校・大学で人との触れ合いの大切さに気づいたのでリモートは辛さの方が大きいな。あと実験できない。
在宅勤務で疲弊する人が問題視されるなら、オフィス勤務で疲弊する人ももう少し取り沙汰されても良いであろう。
何このフランスの退社後に上司や会社と繋がらないで良いとかいう神の法律さっさと日本でも作って
いいとこ、悪いとこ、色々ね、
(2020年9月25日掲載) -
“テレワークをするためには時間の管理とコミュニケーションの管理が重要” →
在宅勤務でかえって疲弊する人々- テレワークは仕事と日常の境界を壊しやすい。実績評価のプレッシャーで仕事に打ち込みすぎる傾向も。物理的には非対面・非接触であるが、ネットワークの連結という面では対面過多や接触過多になる恐れもある。孤独感問題も
>「自分にとって在宅勤務やテレワークは重要な要素」とする若者に強く共感する。家庭は憩いの場だ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR