TOP > 政治・経済 > 日本と大違い、国が鉄道を救済する欧州の現状 | 海外 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本と大違い、国が鉄道を救済する欧州の現状 | 海外 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いまだ収束の兆しが見えない新型コロナウイルス。ワクチンの開発には、まだ多くの時間と資金を必要とし、特効薬もない現状では、感染拡大を食い止める有効な手立てはないに等しい。唯一の手段は、極力外出を控える…

ツイッターのコメント(15)

但し、規模が大きく、隣国と直通もしている旧国営対象が中心
鉄道って広い意味での国防という意識があるのかも。
船舶じゃなくて鉄道の話だけど、環境対策の視点で政策が鉄道事業を補助する国もある。日本は周回遅れ。
日本もやってくれないかな…
国の政策が関わる
JR化はやり方が間違っていたかもしれない。
基本的にヨーロッパ「大陸」の鉄道網は、国際物流網・国際交通網の要であり、日本の地方ローカルと持つ意味合いが全く違う。
曲がりなりにも経済誌なんだから、この前提事項を忘れてた記事を書くのはやめようよ。
日本なんかも、旧国鉄時代を知らない人も多くなってきましたからね…
【最新記事】
東洋経済オンラインの新しい記事が配信されました。
良いことは真似しましょう。欧米諸国は鉄道路線の大切さを知っています。
日本と大違い、国が鉄道を救済する欧州の現状 コロナ禍の支援、環境問題対策とセットの国も | - 東洋経済(9/28 5:20) …間隔を開ける対策を継続するが、収入への影響は必至で、財政支援の必要性を訴える(筆者撮影…
鉄道会社支援→国家財政悪化→欧州が世界に先駆け社会主義化?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR