TOP > 政治・経済 > 原発事故賠償の天王山、「生業訴訟」判決の行方 | 資源・エネルギー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

原発事故賠償の天王山、「生業訴訟」判決の行方 | 資源・エネルギー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

仙台高等裁判所で9月30日、国と東京電力を相手取った福島第一原子力発電所事故の被災者による「生業(なりわい)訴訟」の判決が予定されている。原告の総数は3627人と、原発事故の被害救済を求めて全国で争わ...

ツイッターのコメント(17)

仙台高裁で国の責任めぐり、初の判決が下る:9/27 東洋経済
原告は、国および東電の法的責任の再認定とともに、空間放射線量率を原発事故前に戻す「原状回復」および「平穏生活権」の侵害に対する慰謝料を求めている。
原発事故によって奪われた生業補償訴訟!! .
いよいよ本日9月30日14:00判決言い渡しです。
本日14:00判決予定。
+++++++
「私は自宅で美容室を営んでいた。仕事をしながらの近所の人たちとの語らいが何よりの楽しみだった。そんな生活が原発事故によって一瞬のうちに失われてしまった。親しくしていたお客さんとも連絡が取れません」
9月30日は原発事故の集団訴訟のうち、最大の原告数の
なりわい訴訟第一陣の高裁判決が出ます。

それに関する東洋経済・岡田さんの記事。
ぜひ勝訴を。

9月30日、国と東電を相手取った福島原発事故の被災者による生業(なりわい)訴訟の判決予定

仙台高裁で国の責任めぐり、初の判決 | 資源・エネルギー - 東洋経済オンライン
岡田広行 : 東洋経済 解説部コラムニスト
東京電力福島第一原発事故関連では信頼してる方による記事
原発事故 生業訴訟

一審の福島地裁判決では
・津波の襲来を予見できたが、その対策を怠った
・東電の過失、国の損害賠償責任を認定
⇒損害賠償総額は5億円弱(1万円~36万円/原告)

仙台高裁判決は?

:国の責任めぐり、初の判決が下る
@Toyokeizai
原発事故の被害救済を求めて闘われている訴訟約30件で最も大規模。国および東電の両者を相手取っての高裁判決としては初の事例。岡田広行記者。
/原発事故「生業訴訟」判決の行方 仙台高裁で |
国会の事故調報告書でも「人災」と報告されている。「人災」であるなら責任は100%認められるべき。
「範囲」の問題はいつも問題になるが今回の訴訟が今後の原子力行政に多大な影響がでる故に電事連をはじめ各方面への「忖度」が?
INESレベル7の意味はちゃんと理解できているか。帰還は永遠に不可能だ。そもそも原発半径30km以内では、事故が起こると現場復帰は相当困難と考えた方が良い。原発立地時に地元にはちゃんと説明があった筈だ。その為の原発交付金だ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR