TOP > 政治・経済 > 「キングダム」に学ぶ聞き上手な部下になる方法 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「キングダム」に学ぶ聞き上手な部下になる方法 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

現代では時々刻々と「働き方」の常識が変わり、それは人間関係にも及んでいます。企業でも強制的なつながりではなく、「コミュニティの時代」と言われ、上下関係ではなく、異なる職種、価値観を持った人同士が、力…

ツイッターのコメント(13)

「キングダム」に学ぶ聞き上手な部下になる方法 〜「キングダム」はコミュニケーションを学ぶ上で最高の教科書。登場人物の中で「最強のコーチ」「最高のコミュニケーションの達人」は、王騎将軍の副将、騰〜
話題のキングダムは、コミュニケーションの学びも多いとのこと。
ポイントを意識しながら見てみたい!

・求められるいることを理解して受け答えする
・立場によって伝える目的が違う
・関係性を見直し高めていく
参考にどうぞ
名古屋の怪鳥に捧げます😎
弊部署の部長と課長は愛読しております(笑)

是非、上層部にも読んでもらいたいです。
優秀な指揮官と参謀がいれば、組織は動くですよ😆
漫画から学ぶことって多いですよね
少し読み方を変えるだけで、多くのことを学べる
早くアニメの3期再開しないかな。。。
まさかの騰。でも読んで納得。 /
王騎と騰の関係は良い関係だと思ってました。
キングダム読んでると、ブレーンがクソだと国が滅びることがよく分かる。いかに暗愚な君主でも、取り巻き次第で国は保つ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR