TOP > 政治・経済 > 「DVが殴る蹴るだけ」だと思う人の大いなる誤解 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「DVが殴る蹴るだけ」だと思う人の大いなる誤解 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

DV加害者は例外なく、「相手への怒り」を抱えているという。「相手が自分を怒らせた」という怒りだ。更生プログラムに通う人たちも、「怒り」との付き合い方に葛藤している。日常から「怒り」を遠ざけるにはどうし...

ツイッターのコメント(27)

加害者は「かつての被害者」

「私が出会ったDV加害者の8~9割は、かつての被害者でした。虐待を受けていたり、DVのある家庭で育っていたり」と言う。ジェンダー観は連鎖する。だから、気づいた人は自分で断ち切らなければいけないのだ、とも。

@Toyokeizai
★私も壮絶だったのよ、こう見えても。周囲のほぼ全員から★
ハラスメントやDVの加害者にならないとはいえない私だなぁ。
有害な男らしさ+ジェンダーが
かしずく「女らしさ」の理想像に向けての暴力。
愛の名を借りたマンスプ。
女偏の漢字見直して欲しい。
うーむ。こんなに中年が変化するものなのか。また、加害者だけどこの人は向き合おうとするだけまだマシ。>
シリーズ記事なのかな。

"生理反応と感情は変えられないが、思考と行為は変えられる"
生理反応と感情は変えられないが、思考と行為は変えられる。「ステップ」では、それを学んだという。さらに信頼関係を深めるための「身につけたい7つの習慣」も。傾聴する、支援する、励ます、尊敬する、信頼する、受容する、意見の違いを交渉する。
うちの職場にもステップ通った方が良い人いっぱいいる
母さんに読んで欲しいけどそんなこと言ったら殺されるなぁ。
「学び続けることで、これから死ぬまで人を傷つけることなく生きられると思うと、そんな最高なことないですよ」。いい言葉。
DVは『精神を追い詰める事』の全てが該当する。肉体や物理的に追い詰めは、付随する物。
やった側は、覚えていない場合がほとんど(これは、いじめと同じ精神構造=無意識の八つ当たり)

「DVは殴る蹴るだけ」大きな誤解 生活費を渡さないなどの経済的圧迫も
「生理反応と感情は変えられないが、思考と行為は変えられる」〉DVが殴る蹴るだけ」だと思う人の大いなる誤解
『 世代間で連鎖する「自覚なき加害者」の奥底』
「人の話は、ちゃんと聴けば聴くほど怒る暇がない。怒ってしまうなら、それは相手より自分に集中しているから」
なるほどなるほど……
「DVは殴る蹴るだけ」大きな誤解 生活費を渡さないなどの経済的圧迫も
良記事

私は、私自身に対してDVしているんだよなー って思う。

最近、感情コントロールが上手くなってきた。
以前のように、頭を壁や床に打ちつけたり、自分で自分を叩き続けたりしなくなった。

って、今朝、気づいたとこ
経済的圧迫はviolenceじゃなくてneglectなのでは?
「DVとはパートナーとの間で「主従関係」をつくることだ」との定義に従うなら、権威や年齢や性別による支配・主従関係を強いられることの多い日本はまるごとDV国家だと言えるだろう
騒音もDV。
これに気付いてない人間がまだ居る。
記事中の「DVとはパートナーとの間で「主従関係」をつくること」って、常識だと思ってたけど。。。
>
> ・何食べたい?に『なんでもいい』、中華は?に『中華は嫌だ』と言ったら、何でもいいって言ったじゃねえかとキレられた

これは自分も悪くね?
DVは身体的な暴力にとどまりません。6年間更生プログラムに通う元DV加害者の方に取材しました。お聞きしたのは「怒り」に対する考え方。

「怒りそうなときこそ、"傾聴"を思い出します。人の話ってちゃんと聴けば聴くほど怒る暇がないんですよ」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR