TOP > 政治・経済 > 「地方の怪物」東大生の勉強法が本質的すぎた | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「地方の怪物」東大生の勉強法が本質的すぎた | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

東大生の間には「地方の怪物」という言葉があります。東京には、東大をはじめとして数多くの偏差値の高い大学があります。それらの大学に合格する人の多くは、東京近辺の名門校や有名な予備校に通っていた受験生で…

ツイッターのコメント(51)

「マクロからミクロへと下ろしていく勉強法」
大きな目標、たとえば1年後の自分がなっていたい姿から、どんどん逆算して、今日の自分がやらなければならないことを考えていく
"人から言われた方法をただやるのって、思考停止に近いと思うんですよ"これ凄くよく分かる。勉強法やら解法、ノウハウを教わってその通りにやるのって理解とは程遠いんだよね。自分で考えないと地力はつかないし、地力がない人ってやり方を教わらないと仕事できないんだよね。
感情の問題と理性的な問題。自訓を記して、感情的なファクターを改めるのは大切かもしれないな。
新しいっ!
人が敷いたレールの上に乗ってきた秀才を、自分で道を開拓した秀才が上回る。西の京では、道なき獣道をショートカットした天才が、更に凌駕するケースも見た。| |
・圧倒的試行錯誤により自分にとってのベストな方法を探す
・分ければ、分かる
・自分と向き合う
もうアレですよね。

|
この記事が思いっきり に通じるというツイートをみて、まあこっち系の記事は大体通じるよねぇ。思ってたのだが、内容と見てみると、結構深いところまで通じてた。
鬱という難しい漢字も分解して簡単な文字の集まりだと思うと容易く覚えられる
【引用】「自分で考えたやり方じゃないと、納得できないし、身が入らないじゃないですか」
人から教えてもらったことを実践するのではなく、自分で考えて、自分で納得できるやり方でないと、真に効果は発揮されないというのです。
社会人にも十分当て嵌まる話でした。上からの指示を盲目的に行い、理屈と感情がごちゃ混ぜで解決に向けて整理が出来てない、という事だらけではないでしょうか。
地方の怪物に特化した内容はなにも記されていなかったが
予定の勉強が進まなかった理由を合理的・感情的に分けて分析するというのはプログラミング学習の継続のために使えそうだ
分かり易くて面白かった。自分も取り入れよう。
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第3位!
地方で自分で勉強して東大に来ているやつらの地頭は別格。

#勉強垢
#東大
『問題解決を合理的なものと、感情的なものに分解する』
なるど…🤔
緻密に分解していくのが苦手だから迷子になるんだよなぁ、私。思考力はけっこうあるっぽい。
投資にも役立ちそうなマインドセットですね🤔
生涯、お勉強です。
この記事面白い

頭の良い人が普段何を考え生活しているのか
生まれつきではない、根本的な違いがわかる / (東洋経済オンライン)
受験勉強だけの話にするのがもったいない! 何にでも通じる!

自分の勉強は自分でつくるとは
✅自分が納得した方法が一番効果的
✅大きな目標から小さな目標に棚卸し
✅原因を感情と合理に分ける
✅感情は自訓で対応
「感情の問題は、感情で解決するしかありません」若いうちからこれができる…
見出しはいつもの感じだけど、要は地頭のことやね
自分で考え、納得した方法で勉強する。
トレードにも通じると感じた。
参考にならない気が、、。
出身高校の進学クラスの上位にこういう子達がいたな。。(俺はおバカな普通科でした)
勉強だけじゃなくスポーツでもFXでも、どのジャンルでもいえるよね
興味深い記事だった
生まれつき、頭良かったんじゃないの?
生まれつき、知的障害を持つのと一緒で
修猷や中高一貫有名中学に受かって成績が伸びない子も同じ構造?ただ、東大に受かる学力に伸ばせてないのが問題
「人から言われた方法をただやるのって思考停止に近い」「自分で考えたやり方じゃないと納得できないし身が入らない」その通り、仕事も一緒。「とりあえず」的なタスクドリブン上司には気を付けましょう。その人は120%思考停止状態で、マウンティング大好きマンです。
その「地方の怪物」は、東京に出てきて「東京の怪物」という壁にまずぶち当たります。開成や灘というエリート輩出校の層の厚さに衝撃を受け、良い意味で挫折を学べる。
0→1で自分のやり方を見出すのではなく、既存の枠組みから自分に合うやり方を見つける方が、確かに効率的ですよね・・・。簡単な話なのに、不覚でした。
これは受験や勉強だけじゃなくて
仕事や自分の目標を達成する為にも
大事なことだよな
〇〇式っていうのほんとにやめないか??ちゃんとχ^2検定したの?
『「自分で自分のやり方を見つける」という思考を徹底的に実践できている』
このやり方は全てにおいて適応できると思った
頭がいい人は良くなるべくして、なっている
僕は地方出身なので、当時は塾も予備校も無かったし、それが当然だと思っていた。
徹底的に教科書を編集し直して、自分編の教科書を中学2-3年生で作った瞬間に大学受験までの勉強が終わったような錯覚があったなぁ。
なんかよくある「塾行けば成績上がる」的な言説に対して感じてた違和感これ
> 「自分で考えたやり方じゃないと、納得できないし、身が入らないじゃないですか」

実際に結果がそうだったとしても、なぜ?というのは消えない
なんかすごくよく分かる。某C社で初期製品を立ち上げた人たちは、自分も含め 8割ぐらい地方出身者だったしなぁ。しかも、実家の自営業率は 7割ぐらい。親がサラリーマンという人たちは、入社しても 1年持たなかったなぁ。という、ベンチャーの思ひ出。
宿題は必要。でも多すぎる宿題は自分で考える力を奪うように思う。
与えられたことをこなすだけの人間になるのではなく、自分に必要なものを自分で考えられる人になって欲しい。
ということで、当塾の宿題は最小限にしています。
これ、社会人にも通用しますね。
特に、合理と感情の切り分け、感情の問題の対処はとても参考になります。
どれだけ効果があると言われている方法でも、自分が考えて効果があった方法には敵わない。まったくもってごもっとも‼️

徹底的な自己分析…これがなかなか簡単ではないけど、やる価値は相当高い。
大きな目標を小さな目標に落として行く。これってダイエットや仕事にも当てはまるよ。納得する。無理なくコツコツと出来る範囲から。
日常生活にも使えるな!「地方の怪物」東大生の勉強法が本質的すぎた
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR