TOP > 政治・経済 > 「11月3日トランプ圧勝」で始まる米国の大混乱 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「11月3日トランプ圧勝」で始まる米国の大混乱 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

11月3日のアメリカ大統領選挙まで50日を切った。支持率で見たドナルド・トランプ大統領の追い上げはさらに顕著になっている。ラスムセン・レポート社の調査によると、9月16日の時点ではついに民主党のジョー...

ツイッターのコメント(107)

大手メディア支持率バイデン50%トランプ40%ぐらい。この記事ではトランプ猛攻に拮抗。民主党は手練手管で引き摺り下ろしにかかるが、まずはトランプ圧勝、そこから大混乱が予想。ちなみに先記事有権者の思いとは異なり民主党の狙いは「候補者は足を引っ張らなければよい」だけ
副大統領候補討論会で最高裁判事の人数を増やすか否かの質問にハリス氏は繰り返し答えをはぐらかした。『民主党の真の狙いは、さらにその先にある。..大統領と上下両院を押さえたうえで、最高裁判事の数を今の9人体制から15人へ拡大することである』東洋経済
@xtestarossa 一応まだ前回トランプが勝つと予想していたメディアは僅差でトランプが上もしくはバイデンに追いついたと言ってるみたいですね。まぁコロナ感染前の話ですけど。。
最高裁判所の右左の攻防が面白い。
信憑性わからんけど、まじかよという興味深さ
米国って変な(制度の)国
<民主党の真の狙いは、さらにその先にある。それは、大統領と上下両院を押さえたうえで、最高裁判事の数を今の9人体制から15人へ拡大すること>

|
初の女性大統領はペロシさんなのか?大統領選を巡る権謀術数は小説の如し。事実は小説より奇なり、となるか。→「11月3日トランプ圧勝」で始まる米国の大混乱 |
1. 11月3日時点ではトランプ氏が勝利する
2. その後郵便投票分が加算されバイデン票上積み
3. 両陣営の訴訟合戦になる
4. 12月8日までに大統領が決まらない場合、下院が臨時大統領を選出するプロセスへ。
5. 1月20日正午までに決着がつかない場合は下院議長が大統領に就任
trickyなことがいっぱい書いてある。。。→
詳しくないのでこの言説が正しいかどうかは分からんけど、単に大統領選というだけで捉えられないということなんだろう
人種を超えて子供をもつ女性の票がバイデン氏からトランプ氏へ流れていることだ。
ここは「BLM運動」による治安悪化によって、トランプ大統領が主張する「法と秩序の維持」が結果を出したと見ていい。
是非圧勝してほしい。
ま、あの東洋経済の記事なんで😌🍵
最近、アメリカの大統領選挙の報道しなくなったと思ったらトランプさん優勢なのか。なに、日本のマスコミはトランプさんが苦戦してるニュースだけ報道したいの?
バイデン候補
!
?
始まる米国大混乱?
民主党
選挙後狙う
永遠の政権維持計画?とは
日本でも選挙の不正は長年投稿があります。投票率が低いと不正選挙が行われるとも書き込みがあります。
アメリカも「民主党」は自分の国家を潰したいのかなあ?
@kyara0930 両陣営とも郵便投票をめぐって、こういう場合はこう振る舞うみたいなシナリオが既にできあがってるようですよ。
NHK国際部の連中は単にその米民主党シナリオに乗っかってるだけかとw
トランプが支持率で逆転しつつあるようです。今後のキーワードは「混乱」ということかな...。
9月16日の時点ではついに民主党のジョー・バイデン氏を1ポイント上回った(トランプ大統領47%、バイデン氏46%)。
民主党は駒不足です!それに引き換え、トランプ陣営には現職の強みと岩盤指示層がありますから!
めちゃくちゃ面白いレポート。壮絶。国家権力をめぐるたたかいはこうでなくっちゃ、とすら思う。
おそらく、結果を認めないのが民主党陣営になって、それは一番怖いだと僕も見ている。アメリカは大変だ。でもどれが勝ってもこの混乱を避けられないだろう。
米民主党の深慮遠謀を推察した良記事。
・大統領と上院議員選挙は、11月3日後の開票でなく、12月10日まで(ないしそれ以降に)決着が持ち越される可能性がある
・民主党は大統領駒を捨てても上院を取りに行っている→法案改訂で在任期間の長い最高裁判事の増員を狙う
@KANABUNBUN8201 ▲♠️トランプ大統領が地滑り的勝利を収めた再選後に分かると思うよ。

▲もし”北京バイデン”になったら…🇨🇳様を呼ぶんじゃない🙄?

知らんけど…😅

〈 〉
さて

今までバイデン氏が支持率のうえで圧倒してきたが、今回トランプ大統領はポイントで初めて「45」を超えた。実際の情勢が、大手メディアの発表よりも拮抗している証左

東洋経済
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
いやあ、これは大統領選どうなるかわからんな。。。
なるほどなぁ。ここまでとは
日本に取ってはトランプだが・・
民主党に成ると裏で色々圧力を掛け捲る。
ルーズベルトの昔から碌な事が無い!
ここにきてトランプ大統領がポイント逆転 やっぱりアンティファBLMが過激化すればするほど支持が伸びる■
面白い

目先の「株価がぁ〜」の輩達とは違う

「政治」についての話
そりゃあ…あのデモクラッツならこれ位画策するよね。
ラスムセン・レポート社の調査: 支持率は9月16日の時点でトランプ 47%、バイデン 46%


民主党が選挙後狙う「永遠の政権維持計画」とは(東洋経済オンライン)
こいつはもう用無しだろ
ルールそのものを自分に有利なように改変するのはどこの国も同じらしい
しかし株価やばそうだなー
トランプの支持率が上がっているようだが、これを見るとそう簡単には判断出来ない事がわかる。
「11月3日トランプ圧勝」で始まる米国の大混乱......圧勝かは不明だけど🙄大体こんな読みだね🙄ただ最高裁勢力の逆転と、大統領特権に甘えて違法しまくり馬鹿トランプは、そろそろ退場させないと、デモやら混乱が更に4年続くだけ...露助共の思うつぼだ😡
追い上げてるんだ。/
滝澤氏による素晴らしい論考。米国の未来を照らしている。我々は「ブルーウェーブ」への備えが出来ているだろうか?
起きてほしくない❗️
アメリカ🇺🇸の民主vs共和の対立の構図もえらい複雑だな
投稿: 酢味噌 | 2020年9月25日 (金) 17時37分

誤)

正)「11月3日トランプ圧勝」で始まるハザールDS&朝鮮悪裏社会の大崩壊

「11月3日トランプ圧勝」で始まる米国の大混乱
東洋経済オンライン  2020年9月25日 5時0分
バイデンが勝ったらヤーバイでしょ
これを読むと、改めて、米国の保守派対リベラル派の争いというのは、一種の「宗教戦争」に近いものの様に感じる(苦笑)。民主党サイドも、反中国の姿勢だけは堅持して欲しい。 民主党が選挙後狙う「永遠の政権維持計画」とは
不確定要素があまりに多過ぎて予断は全く許されないが、身も蓋もなく言ってしまえば、考えられるシナリオはどれもトランプ再選よりはマシか。しかしながら混乱の時代は続く訳で。
こういう記事もどこまで信憑性があるのかはわからないところ。読むとわかるけど見出し主義だよなこれも(郵便投票を除けばまず共和党が勝つという内容なので) 。
もっと見る (残り約57件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR