TOP > 政治・経済 > DV加害者だった52歳夫を変えた強烈な「自覚」 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

DV加害者だった52歳夫を変えた強烈な「自覚」 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

引き金はいつも、取るに足らないことだった。「カレーには福神漬けとラッキョウ。とんかつにはソース。くだらないことなんですが、こういった約束事が守られていないと、何度言えばわかるんだとイラついてしまって…

ツイッターのコメント(844)

DVはきちんとしたプログラムを受けないと、更生は難しいんだと思う。
@ryuta_corgi_210 @6271118 昔のアンチは暴力夫ではあっても生活を支える金づるでしたが、今のアンチは正義を振りかざすテロリストで単なる加害者、運営はその被害者であることを自覚しなければならないのかも知れません。
加害者になっている自覚を持つ人は少ないんだなぁ
被害者だとはっきり伝える勇気もいる
人格を変えるのではなく考え方や行動を変える。

「DVがあっても加害者にも被害者にも当事者意識がない場合が多い」からこそ、自分と、相手と向き合って、認識することだよね。

大変なこと、勇気がいることだけど、きっと誰もが変わることが出来るはずだよね。

@Toyokeizai
>相手に依存しているのはむしろ加害者側である
とあるようにね、暴力なり財力なり社会的立場なりで圧をかけて自分を保つ為に続ける人もいるんだよ。
DVは生理的に無理。受け入れられない。気持ち悪い。
“人格を変えるのではなく、考え方や行動を変える。例えば、選択理論という考え方を学びます。これは、自分の行動は自分の選択であると自覚すること。『相手が私を怒らせる』のではなく、『私が怒りを選択している』のだと知ることです“
「自分の行動は自分の選択であると自覚すること。『相手が私を怒らせる』のではなく、『私が怒りを選択している』のだと知ることです」
とても良い記事だった。
関係ないと思わず
読んでみて下さい。
人が「怒らせた」のではなく、自分が「怒りを選択した」という考え方には、なるほどなぁと思った。怒るも怒らないも自分次第、そういうことらしいぜ承太郎?
加害者が「加害行為」という認識持つところから改善への道が始まる。痴漢や性暴力について考える時にもヒントになる。良い記事でした。
---
とてもよい記事でした
仮面ライダーのファンとして「仮面ライダーや水戸黄門で育った世代は~」というところに「それは違うのでは?」と思った。
この記事自体はいろんな人に読んで欲しい。
両者が自覚する、両者に自覚させる、のが大事なんだね
「仮面ライダーや水戸黄門を見て育った世代は、暴力で勝ったほうが正義という価値観が刷り込まれている」
ここだけ切り取るとインパクトあるっす。
DVチェックってあらゆる関係性で応用できそう。
@Toyokeizai

>仮面ライダーや水戸黄門を見て育った世代は、暴力で勝ったほうが正義という価値観が刷り込まれている
これコワー😱💦
「あくまで自分は正しい側にいる。委縮して何も話せない妻に『なに黙ってんの』とさらに圧力をかけて……。それでも自分がDVをしている自覚はありませんでした」(取材:ニシブマリエ)東洋経済
『加害者は多くの場合、相手が怒らせるようなことをしなければ、自分は加害者にならずに済んだという被害者意識がある』

私の苦手なムーブだ…この手の男さん多いし… @Toyokeizai
「亜衣子さんは、DVの被害を受けている人に「まずは被害者になってください」と訴える。自分たちがそうだったように、DVがあっても加害者にも被害者にも当事者意識がない場合が多いからだ。」
根性や気合いではなく心理学です。人格を変えるのではなく、考え方や行動を変える。自分の行動は自分の選択であると自覚すること。『相手が私を怒らせる』のではなく、『私が怒りを選択している』のだと知ること
リツイートなどでたびたび目にするこの記事、リツイートした人はきっと自身の身近にいる特定のあの人に届け!の思いだろうな、と。
与党集団や支持者のパワハラな奴らに読ませたい良記事。
加害者も被害者も、「自覚」することが大事ですね。
アドラー心理学を学んでいたらわかるけど、仮面ライダーも水戸黄門も刷り込でなくて、関係なくて、選択の正当化に過ぎない。
ほんとの強さは自分の弱さに向き合える勇気。
文中にあるように、心理学の範囲かな。実に興味深い。
そして、この記事を上からの目線で読んでいる人は、加害者や被害者になる事ができないと言う天秤でもあるなあ。
みんながこの拓さんみたいになれたらいいけど。
昔、両親が喧嘩して父親が母親ビンタして、母親3倍くらいのビンタ返してたけどw
この人、治ってないと思う。
ーDV男は変われないと思われがちですが〜人格を変えるのではなく、考え方や行動を変える。例えば、選択理論という考え方を学びます。〜『相手が私を怒らせる』のではなく、『私が怒りを選択している』のだと知ることです」
まずは自分が被害者にならないと、加害者が生まれないんです。加害者側が自ら気づいて変わるのは難しい。
「DVの加害者」が治ることは期待できないと思ってきた。でも「DVの加害者である」という自覚さえできれば、人は変われる。そう信じさせてもらえた。すごいなと思う。

わたしは虐待の被害者だけれど、だからこそ、DV的思考を自分が持っているのではないかと思っている。
自分にとっての当たり前は、当たり前ではなかった。全く無自覚のDV夫の目を覚ましたのは心理学だった。

「関係性の暴力はあちこちにあることに気づいたんです。しかも、それを自覚できている人はそう多くない。加害者にすらなれないで人を傷つけ続けている人がいるんです」
一部誤解がある気がするけど、仮面ライダーなどの勧善懲悪モノそのものがこの手の加害行為の直接的な原因ではないと思う。根拠は変わり果てた沖縄現地の空手の在り方にありますね。琉球王国時代の空手と呼べるものは正直申して沖縄現地で見たことは無く外の世界の話に。
「圧力をかけることで他人は変えられるという思い込み。仮面ライダーや水戸黄門を見て育った世代は、暴力で勝ったほうが正義という価値観が刷り込まれている」
ここなんかすき
「まずは自分が被害者にならないと、加害者が生まれないんです。加害者側が自ら気づいて変わるのは難しい。」
DVも依存症だよな。学習で考え方は変えられる。
これを読んでお気持ちが発生したわけです。
"仮面ライダーや水戸黄門を見て育った世代は、暴力で勝ったほうが正義という価値観が刷り込まれている"
インチキ記事ですね
放送されてない時代、無い国でも
あった、あるのは明らか
あまりにもずさんなこじつけ

DV加害
例えば、選択理論。『相手が私を怒らせる』のではなく、『私が怒りを選択している』のだと知ること

このアドラー的手法は、P障害相手には疑問
「自分が怒るのは普通・当然・常識」な理由を見つけた途端、再びDVが始まる
DVをする3つのポイントに水戸黄門と仮面ライダーが名指しで挙げられている。
昭和の人間はみんな水戸黄門見てるけどみんな暴力を肯定しているか?DVするか?
仮面ライダーを見た子は?
酷い

DV加害者だった52歳夫を変えた強烈な「自覚」|
その記事では、被害者でもあり現在は加害者の夫と共にDVや虐待に悩む人たちのための団体を立ち上げた女性の「まずは被害者になってください」という言葉がありました。加害者にも被害者にも当事者意識が無いと問題はいつまで経っても解決しないという話です。
これは真理
考え方を変えるだけで怒りはおさまる
興味深く読んでいたが

「仮面ライダーや水戸黄門を見て育った世代は、暴力で勝ったほうが正義という価値観が刷り込まれている」
いやこれは違くねぇ?(ヽ´ω`)
この記事はとても衝撃的。これはDV問題関係なく大人になるまでに身に付けたい心理学やと思う。パワハラ上司とかにも通ずるし。自覚がない時点で通おうってならないと思うから。夫婦で解決することが出来ると教えてくれるのもすごい
あさイチでも加害者目線のDV特集みたいなのやってたなー
そういやあれでも加害者側は自覚できてないってやってた🤔
もっと見る (残り約794件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR