TOP > 政治・経済 > 「工事が止まらぬ」大阪駅、どこまで変貌するか | 駅・再開発 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「工事が止まらぬ」大阪駅、どこまで変貌するか | 駅・再開発 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

大阪駅の現在の姿への変貌は、梅田貨物駅跡地の再開発と表裏一体である。国鉄改革で貨物駅移転が決まり、都心最後の一等地、関西再生をリードすると言われながら長く具体化に至らなかったが、2003年に大阪駅北地...

ツイッターのコメント(11)

渋谷のことを考えてたら、大阪はもっと凄いってこと忘れてた。「再開発」って何ですか?→
リツイ間違い。
民営化後、清算事業団管轄の梅田貨物駅の遊休地状態を知る者として、駅北側の変貌に驚く!
うめきた2期の完成も楽しみだね。

新駅には大阪止まりの新幹線も引き込んでくれたらもっと良かったのに。
リニアの終着駅はうめきた地下ホームにすべきだろう。広島や博多からリニアに乗り継いで東京に向かう人は少数だ。山陽新幹線も地下ホームに移転したらどうか?たった一駅だが、大阪の方が圧倒的に便利が良い。
早く完成した街並みが見たい😆

「工事が止まらぬ」大阪駅、どこまで変貌するか
うめきた2期は駅とは関係ないやろw つーか「はるか」の為にってあんな離れた所に地下駅作って歩くなら、新大阪まで一駅乗って乗り換えた方が楽だろwww
以上
 

いま話題のニュース

29コメント 3 時間前 - note
もっと読む
PR