TOP > 政治・経済 > パプア政府「中国企業の金鉱採掘権」を強制剥奪 | 「財新」中国Biz&Tech | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

パプア政府「中国企業の金鉱採掘権」を強制剥奪 | 「財新」中国Biz&Tech | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

南太平洋のパプアニューギニアの国家裁判所は9月1日、世界有数の金山として知られるポルゲラ鉱山の採掘権をめぐるパプア政府と採掘会社の争議について、採掘会社バリック・ニューギニア(BNL)の訴えを棄却した...

ツイッターのコメント(44)

😷パプアニューギニアのやった事は国家間の問題になるのでしょうが?
😷中国離れなら応援か?
「中国の金採掘大手の紫金鉱業集団が同社最大の金鉱権益を失うリスクが高まった」
中国の醜さがこういうところにも伺えるわ。
これはパプアニューギニアだけの問題ではなく、日本の資源も買い漁っているし、もちろん世界中に対して行っている。
対して中国国内では49%以上の株式保有を資源以外でも中国は禁止している。
中国の横暴許さず‼️
中国、パプアで金を惚れなくなる。
てか、なんで外国の金を中国が掘ってたんだ?と(´・ω・`)
めもめも。_φ(・_・
中国の金採掘大手の紫金鉱業集団が同社最大の金鉱権益を失うリスクが高まったことを意味する。紫金鉱業は2015年、ポルゲラ鉱山の採掘権を持つBNLの株式の50%を約316億円で買収。
儲かるからやりたいんだよね、話が出てから上前を乗せるなんて言い出してるし
パプア政府も、中共企業の均衡採掘権を剥奪。皆様ようやく中共の危険性に気が付いてきたようです。
パプアの現地紙は「ポルゲラ鉱山の支配権がパプア政府の手に戻った」と報じた。このことは中国の金採掘大手の紫金鉱業集団が同社最大の金鉱権益を失うリスクが高まったことを意味する
パプア国家裁判所は、ポルゲラ鉱山の支配権がパプア政府の手に戻った。9月21日に最終確定予定。
このことは、リスクが高まったことを意味する。
2020/9/16

9月1日 国家裁判所
ポルゲラ鉱山の採掘権をめぐる争議
被告:パプア政府
原告:採掘会社バリック・ニューギニア(BNL
BNLの訴え棄却→BNLの採掘権剥奪
世界を見渡すと 中国が嫌われてるねー
ドル決済を封じられつつある中での金山権益の剥奪。パプアなら豪に忖度した可能性もある。
表向きは兎も角、その裏にあるのは昨今の世界的な反中の動きであろうな。
政府とて、その事を知らない訳がないだろうし、中国企業が中国共産党の出先(工作)機関を兼ねている事も含めて考えれば、自ずと結論は出るだろう。
同政府の賢明な判断を期待する
だんだんと表面化してきましたね、、、。
中国国民の声を聞きたい。

世界中で中国共産党が締め上げられていますが、
中国国民は今何を思うんだろう??
2020/09/16 16:00

バリック・ニューギニア(BNL)は2019年8月の採掘権期限切れ後も採掘の継続が認められていた。
4月24日、政府はBNLの採掘権更新申請を認めないと発表
国営企業に供与
現地裁判所が権益延長を求める訴えを棄却
ババァ政府って一瞬どこの国って?思った自分。疲れ目ですね。
パプア政府は中国に対してやるべきことをやったと思います。
日本には中国が買収した土地を取り戻して欲しいです。
あぁ、中国って感じ。
パプアすげぇ……
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!
「中国の金採掘大手の紫金鉱業集団が同社最大の金鉱権益を失うリスクが高まったことを意味する。」
これは横暴だ。
日本でもこうした判断を始めなくてはならない。
逆に、在中企業はもう切り捨てる以外出来ない。
→いえいえ、強制剥奪ではなくて、そもそも期限切れ。自国の利益のため。
そうだろうな。
パプアニューギニアも中国企業から剥奪👏👏👏
そうそう。
日本でも心配してる人おるけど、買わせるだけ買わせてこうするだけでええんやで。
パプアニューギニアに習え日本🇯🇵
パプア政府やりますね‼️パプア首相は採掘権を国営企業に供与‼️他国も中国排除を‼️
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR