人口減少の日本には「所得倍増計画」が不可欠だ | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

今回の記事が本連載の最終回となります。そこで、これまでお伝えしてきた内容を総括してみたいと思います。ノーベル経済学賞受賞者であるクルーグマン教授は、The Age of Diminished Expe...

ツイッターのコメント(53)

これだよなぁ
@Qe0LHa2uI3LFM7B @Z9Ro7khiocOXYCj
それも分析してる。これ自体はあの三橋ですらその通りだと言っている。只三橋はデフレギャップ埋めが無ければと批判してそれは現状では正しいが。だがその先の話。別にMMT的考え自体はアトキンソンは否定してないので。只ほぼ完全雇用状態で労働人口減社会ではと。
菅内閣がこの形なら支持できる。まあ、一応大企業関連だから言えるんだが。
@kick108 まぁ、日本の場合経営者は意外と真面目やからそんなにガッツリとは入れんけどな。
というより、今のはやりは報酬低くして、株買って節税するんやで(ニッコリ)

やから、それも含めて株主に還元されるんやw

ちなみに、この記事がわかりやすい。


信じるか信じないかはry
@uo_bladespirits 多少無茶な動きをするかもしれないけど、日本の景気は回復し得る感じがするタイプなので、期待している、、、
|


支援してもらわないと生き残れないような生産性も技術も付加価値も低い企業を行政が優遇するなんて穴の空いたバケツに水を注ぐ行為では??と前から疑問に思い始めてる。
アトキンソンさんからの最後のメッセージなんですね。これでもダメなら日本は本当にダメだということですね。

政府は、起業を応援するべきです。政府は、企業の成長を応援するべきです・・・ @Toyokeizai
"現状、日本企業の平均規模はアメリカの6割、EUの3分の2しかなく、労働生産性が低迷する大きな要因となっています。" ・アトキンソン
 
PR
PR