TOP > 政治・経済 > 「トラック運転手」その過酷すぎる労働の実態 | 卸売・物流・商社 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「トラック運転手」その過酷すぎる労働の実態 | 卸売・物流・商社 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

大島弘明氏(以下、大島):ちょうど同じ時期に、トラックドライバーをテーマにした本を出しましたね。橋本さんはどんな経験をされてきたのですか。橋本愛喜氏(以下、橋本):プロフィールを話すと、本を1冊書け…...

ツイッターのコメント(33)

前職では某営業所の配車・ドライバーが全員逃亡、自分が居た営業所の人員も過酷すぎてほぼ退社。笑
「運べない事態」はコロナの比ではない。社会が回らなくなる。賃上げを含め労働環境の向上は必須。
一番の問題はその過酷過ぎる環境でも働く人が沢山いること。
元トラックドライバーである橋本愛喜さんと日通総合研究所長さんの対談シリーズ。
我々が今の生活ができるのはトラックドライバーさんが物をきちんと運んでくれているおかげ。
諸悪の根元は規制緩和か。
1990年以降の規制緩和により雨の後の竹の子の如く増加した事業者数が招いた過当競争が問題の根本
適切な規制の強化でドライバーを守れ。
運輸業にコストカットを押し付けてきたツケがトラックなど運送にもバスなど運輸旅客にも及んでいる。
ドライバーの皆さんありがとうございます🙇🙏
エッセンシャルワーカーの中でも特にトラック運転手の方々はコロナ手当等はもらってないという話をよく聞くので、国が介入して支給を促していくべき!

| 経済ニュースの新基準
せめて給料に反映せなね!!
トラックドライバー不足も深刻だが、倉庫現場の作業者のスキル不足による現場力の低下は、なぜか問題にならない。
積み込む荷物の準備をするのは、倉庫作業者である事を失念していませんか!
“このままでは「運べない事態」が発生する” / | 経済ニュースの新基準
#ニュース #物流
アニメやyoutubeを見ながら一日中ニタニタするだけの簡単なお仕事ヽ(*゚д゚)ノ
"例えば、効率化のために始めたジャスト・イン・タイム輸送は、ドライバーの労働条件で首を絞めていると思います"

ジャスト・イン・タイムは誰かの犠牲の上に成り立つ。
トラックドライバーとして共感します
ドライバーの皆様、いつもありがとうございます。
労働環境の改善…
有難う御座います!頭が下がります
トラックドライバーの現状を知ってほしい🙄
そもそもなんで人手不足なのに賃金が下がるのか、価格競争に走るのか考えた方が良い。
一部の人間だけが利益を吸い上げられる事。
社会全体にお金を回らせる方法。
東洋経済オンラインさんから対談記事第一弾出ました!日通総研の大島さんと。お時間ある時にでも!!
トラックドライバーの労働環境が良く分かる対談記事です。
トラックドライバーの労働環境が良く分かる対談記事です。 @Toyokeizai
ドライバーの社会的地位を上げたい!!
絶対になくてはならない仕事だよ
困った実態だねぇ😱絶対に必要な存在なのにね😥
一つ言える事は、生半可な気持ちでは務まらない仕事でもある。
以上
 

いま話題のニュース

PR