TOP > 政治・経済 > 「日本製品」が海外で売れなくなった根本原因 | 消費・マーケティング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「日本製品」が海外で売れなくなった根本原因 | 消費・マーケティング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本が誇る「メイド・イン・ジャパン」は、多くの分野において世界で通用しなくなっている。日本メーカーが一時代を築いた家電では、中国のハイアールやグリー、韓国のLGやサムスンが世界の主役の座を奪っている。...

ツイッターのコメント(223)

アメリカ人の雇用をMade in Japan が奪ったから叩かれました。完璧ありきの作り方と最低限の機能を達成するのを目標にする違いね。いらないアプリの乗った日本製PCいらないわ。
日本のサラリーマンがよく読むべき記事。
何故、サラリーマンに対して今の時代が厳しくなってきたのかがよく分かる。

ひとつ言えるのは
いつまでも昭和の気分でいたらダメ
石橋は叩かず壊れたら作り直すのが吉

変化に対応できなければ滅んでいくのは必然なのよ。
昔の日本のモノ作りも加点型やったがな。
バブル期で全部入りになってその流れが続いとったんやで。
(´・ω・`)
“精致,慎重,减点型的完美主义,是“日本制造”在世界竞争中失败的根本原因”。而我对日本经济直到现在才“注意”这问题,无语—好几年前就和国内朋友谈论过…从某种意味说,这么“钝感”才是失败原因吧?

来自 @Toyokeizai
日本の場合、規制が多すぎて、新しいものが出来る土壌では到底ない

「日本製品」が海外で売れなくなった根本原因
人材も然り。

年功序列か成績主義かの2元論ではない。

組織よ早く気付け。

「追い求める「完璧さ」が世界のトレンドとズレてしまっている」


()
日本社会が「減点型完璧主義」と言うのも解らない訳でもないが、ガラパゴス化となってさまう。
この記事にある、減点法と加点法の話は好きです。 これはモノの見方になりますし、人材育成でも特に気をつけるところ。 加点法では、”最低限は超えてないといけない”ラインを必死に守りながら、strengthにフォーカスしていくのはハイパフォーマンスの源泉です。
「おもしろいが危うく伸びそうな「価値の枝葉」を早期に取り除き、きれいで小さなプロダクトへ磨き上げるのが日本の得意とする「減点型の完璧主義」だ。これは、近年における世界のトレンドからは逆行するものになってしまった」
結局、日本社会が減点型評価だから世界の潮流と合わない。海外でローンチして逆輸入が必要かな。
考えるときの自分の思考の巡らせ方にも通ずるものがあった。「減点型」ではコスパが悪すぎる
ーー「安くて高品質」という日本製品のかつての評価は、いまやそっくりそのまま中国や韓国、アメリカのものになっている。その代わりに「余計な機能が多くて割高」「過剰品質」と揶揄され、苦境に立たされているのが現状だ。

@Toyokeizai
これはそうなのかなと思った。自分に直接関係ないけど。
お客様自身が心配すぎて国内で加点主義が育たない。
緻密で慎重な完璧主義を貫くこと、も選択としてあっていいと思うけど、減点式完璧主義と加点式完璧主義という対比は興味深い。前者の弊害と後者の恩恵は人間関係や社会の構成でも感じる。
なるほどなー、と納得。
問題設定がおかしい。まだバブル脳か。
ごもっともな意見だ。職人技を求める市場と、一般的に求められている市場は全く異なるのだよ…
確かに、標準装備で余計な機能が多い。オプションでいいだろに…
減点型完璧主義と
加点型完璧主義

バブル世代の管理職時代
良いものが売れるとは限らない…
『完璧主義だと自己成長できなくなる』って教えているけど、日本は企業単位、国単位でやってたの忘れてた

@Toyokeizai
そりゃ簡単さ。ラクにコピーできる商品はより安い製品の方が売れる。
家電なんて格好の例だろ。
しかし自動車はどうだ?簡単にそれが出来ないから高いシェアを確保している。
なるほどね。中国じゃないけどAnkerが故障したら四の五の言わずに即新品交換してくれるのは、そういう戦略だよね。文句付けるのが大好きな人に怯えると枯れたものしか作れない。>
決して日本は勝ってはいなかも知れないが、負けてはいない。物造りの原点は日本にある。
自分思うに。
日本製の最大の売りは安全だと思う。
後は省エネもか、清潔さ、便利さ、小型化。
日本製だからいい。という考えはもうなくなってきているね。
こういうものを
[質実剛健]
というのではないのか?
一時代を築いた日本の家電 世界で通用しなくなったのは「完璧さ」ゆえ? 無駄な機能が多すぎた!シンプルで安ければいい製品を求めてる。
良くわからないけど、メイドインジャパンと書いてあるととても安心して使えるのになー
「最初のプロダクトが恥ずかしいものでないなら、それはリリースが遅すぎた証拠」
この記事見て、ますますメイドインジャパン置いて行かれるって父からメールきたけど、何故置いて行かれるか。以前散々話したのに、手法の話ではない。メイドインジャパンは置いて行かれる。はまずいよ。

|
Made in Japanは明治期から"粗悪商品"の代名詞でした。それが"高品質"という意味になったのは1980〜90年代あたりの短期間の現象にすぎません。それが元の意味に戻りつつあるだけです。商品内容がショボいのに値段は高めなままなので、今後ますます不人気となっていきます。
もはや海外で「日本の家電」の姿は見られない!!
目先の利益にしか見ていない
人件費削って利益アップ
不必要な機能ばっか付けて割高
だからだろ
日本では、あらゆるビジネスにおいて「最初から完璧」が目指される。ただし、ここで目指されるのは「減点型の完璧さ」である。

👇🏻
いま世界で勝ち上がっているのは、「加点型の完璧主義」だ。こちらでは、おもしろいアイデアが出てきたら、できる限り早くMVP(Minimum Valuable Product)に仕上げてリリースする。
製品が高いのは確かだが、人件費のもかかるしガラパゴスだからオリジナルが生まれたと思います
今の日本製品は「高くて過剰品質」高くても良い物は売れると思っている間は日本家電神話復活はない。
「中国は粗悪で速いだけだが、日本は緻密で慎重な完璧主義なんだ」と考え、それをよしとする認識は、もう改めなければならない。緻密で慎重な、減点型の完璧主義で、メイド・イン・ジャパンは世界で敗れているのだから。
商品単価を下げない為にローエンド破壊を仕掛ける側に回れない。
減点主義か加点主義かの問題は、商品評価だけでなく人事評価に根ざしているのではないだろうか。
/
後で読む φ(..)メモメモ
「安くて高品質」という日本製品のかつての評価は、いまや中国や韓国、米国のものになっている
後数年もすれば、中国や韓国企業の製品が街に溢れる様になるのかな。日本製を買える人も少なくなるばかりだし。
#売れ続UsedJapan
そりゃ中身は中国、韓国製だもん
経産省が製造を切り捨てた予想出来た結果。外国人高度人材?マイスターレベルが本来の高度人材だよ
「緻密で慎重な、減点型の完璧主義で、メイド・イン・ジャパンは世界で敗れている」
日本製品の完璧さが逆に変化の激しい世界にフレキシブルに対応する足かせになったと。
もろに減点型な学校教育を加点型に変えないとキビしいのでは🤔
もっと見る (残り約173件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR