TOP > 政治・経済 > 六ヶ所村、核燃再処理工場ゴーサインに疑問符 | 資源・エネルギー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

六ヶ所村、核燃再処理工場ゴーサインに疑問符 | 資源・エネルギー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

原子力発電所で発生した使用済み核燃料を再処理する工場は、日本が国策として推進する核燃料サイクルの要だ。使用済み核燃料を「ゴミ」として処分するのではなく、化学処理によって核物質プルトニウムを取り出すこ…

ツイッターのコメント(13)

『 航空機墜落事故の評価と対策は甘すぎる』

「規制委や日本原燃が見過ごした事故」
「「青天井」の安全性は求めない」
航空機墜落事故の評価と対策は甘すぎる|資源・エネルギー:東洋経済オンライン
この問題は、東海再処理施設にも東海第二原発にも共通する問題。なぜなら、百里基地=茨城空港も、成田空港だって近いから。
確率の低い航空機墜落の危険を考慮せざるを得ないこと自体が技術として不完全な証拠だ。
何としてでも、再処理工場にNOを言いたいらしい。

反対理由は「飛行機が落ちる可能性」だ。その可能性は他の原発と比較して高いのか?そんな訳は無い。

再処理工場に飛行機が落ちたとして、それが何を招くか?無害とは言わないが、原発よりも被害が大きい訳も無い。
総重量約20トンのF16が毎秒150メートルの速度で衝突した場合という前提条件 それ以上の速度やF16よりも重量のある戦闘機が衝突した場合の評価は実施していない
よく分からんね!!
週刊東洋経済の岡田氏の記事。
岡田氏は3月後半から月・木曜の東電会見でほぼ毎回質疑しつつ、再処理施設の記事も書いている。頭が下がる。
青森県六ヶ所村に使用済み核燃料の再処理工場があることは知っていたが付近にある三沢基地周辺で墜落事故や爆弾の投下ミスなどの事故が相次いでいることは知らなかったな。沖縄にある米軍基地のことが頻繁に取り上げられるが三沢基地だって同等に報じないといけないよね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR