TOP > 政治・経済 > 忘れられた「ゴーン」事態が再び動きそうな理由 | 政策 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

忘れられた「ゴーン」事態が再び動きそうな理由 | 政策 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

コロナ禍で日本ではその存在が忘れられかけていた日産元会長のカルロス・ゴーンが再び日本を賑わせる可能性が出てきた。5月20日に、ゴーンの国外逃亡を助けたとされる3人のうち2人、元米陸軍特殊部隊(グリーンベ…...

ツイッターのコメント(37)

> トルコで7月3日から始まる裁判では、ゴーンの逃亡の詳細が明らかになるはずだ。
トルコの検察官は、4人のパイロットに最大8年の懲役、客室乗務員に1年の懲役を求めている。
忘れられた「カルロス・ゴーン」事態が再び動きそうな理由! 国外逃亡ほう助した親子が逮捕

アメリカが2人を日本に送還する可能性は非常に高い。アメリカ政府が彼らの身柄引き渡しをしないのに逮捕するということは想像できない。
@BunBook_12  レジス・アルノー : 『フランス・ジャポン・エコー』編集長、仏フィガロ東京特派員


テイラー親子の逮捕は、トルコの司法当局が、ゴーンをイスタンブールからベイルートに不法に
「ゴーン夫妻は依然、日産が家賃を負担している家に住んでいるが、先ごろこの近所にもう1つアパートを借りた。」
どうなるのか
ハリウッド映画で己の正当性を主張する映画製作の話は?
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第3位!
このまま行くとゴーンは消されるよ、彼に生きていられると困る連中がいっぱい居るからね?
完璧に忘れていたけど、地味に動くらしい、、、
この人のことも忘れてた
レバノン政府はどう動くんでしょうかね。
「妻のキャロルにとってテイラー親子逮捕のニュースは衝撃だったに違いない・・もし彼女がアメリカに行くことになれば、今度は彼女が逮捕され身柄が引き渡されるリスクを負うことに」
日産の元社長グレッグ・ケリーとその妻は学生ビザで日本に居るのか
安倍晋三の罪の数々から話題を逸らすためですね分かりますw
「…アメリカが2人を日本に送還する可能性は非常に高い…妻のキャロル…偽証罪での逮捕状が出ている…ケリー…今も日本で裁判が始まるのをを待っている…」
ゴーンと妻のキャロルはベイルートで生活を続けている。レバノンが新型コロナウイルスによって封鎖される前、彼らはしばしばレストランで目撃されていた。

ゴーン夫妻は依然、日産が家賃を負担している家に住んでいるが、先ごろこの近所にもう1つアパートを借りた。
見出し笑ったけど、ゴーンの拘束も差別にされてましたね
今後どうなるのかは興味ある。
忘れちゃ〜いけません!

この男…
「ゴーンの海外逃亡ほう助」と書いてあるが、実際この犯罪は証明されていないはずだ?日本から逃がした証拠は?
おーい!ゴーン、一緒に日本に帰ろう!早く帰ろうよ!

竪琴を引くゴーンは静かに笑うだけでした。
ほう。
そうか逃亡ほう助も処罰対象だもんな。
>最終的には日本に送還される可能性

送還されてきたらベトコンのように陰湿にしばいてやりたい
日本の司法制度は間違いだらけ、冤罪者も多く苦しめられてますね。
裏にフランスがいたのではないのだろうか?
この極悪人のことをすっかり忘れてました😅
コロナでゴーンどころじゃないもんね。
この人を忘れたらいけない。
そういやいたね
そういや、映画化って話あったね。
ドラマ化してプリズンブレイクみたいにするんかね?
以上
 

いま話題のニュース

PR