TOP > 政治・経済 > 「アフターコロナの世界経済は元には戻らない」 | コロナショックの大波紋 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「アフターコロナの世界経済は元には戻らない」 | コロナショックの大波紋 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

――過去の経済危機と比べて新型コロナ危機はどのような違いがありますか。コロナのパンデミック(世界的流行)は公衆衛生上の危機として始まったが、これが経済のサプライサイド(供給側)のショックとなり、サプ…...

ツイッターのコメント(52)

国際的な人の移動やインバウンド需要の復活は見込みづらい。

「アフターコロナの世界経済は元には戻らない」 | | 経済ニュースの新基準
消費税上げるしかないのかな。
アフター……コロナ??なんか出てくるワードがガンダム化して見えるのは気のせい?😅
#アフターコロニー
元に戻そうとする動きが不要なのだ
良記事。
貸し倒れの増加による金融危機だけでなく、新興国危機の可能性もありそうですね。
アフターコロナ   > 今の禍は百年前のスペイン風邪に丸写し。その金融危機を救ったのが高橋是清『弐佰圓札』。ヘリマネにも似るがMフリードマンとは異なり、労働力の底上げを目的とし成果を上げた。アベや黒田にその志向は無い。ショックドクトリン。大至急、交替すべき。
倒産は減ったが、結果的に企業の新陳代謝が少なくなった。競争力を失った低賃金のビジネスやゾンビ企業の多くが生き残り―
見つけた記事:
「倒産は減ったが、結果的に企業の新陳代謝が少なくなった。競争力を失った低賃金のビジネスやゾンビ企業の多くが生き残り、人材のシフトもあまり進まなかった」
"これまでの新興国の発展モデルが崩れつつある"

こういう不可逆的変化の指摘、というのはずいぶん見たようなきがするけどこういわれるとなるほど、という感じ。
アフターコロナの未来像をどう描くのか。ビジョンの修正や、そこからバックキャストした時の中期計画も連動した修正が必要だと思います。Society5.0とかSDGsとかもそうなりそう。もう動き出している感じです。
| 経済ニュースの新基準
2008年のリーマンショックのような金融システムの危機ではなく、1929年の世界恐慌の教訓も役に立たない、まったく別の顔を持った危機

厄介なのは、世界の人々の間に危機がある限り、全員にとっての危機も終わらない

アフターコロナの世界経済は元には戻らない

中村稔
【人々の行動パターンが変わってしまっている】「アフターコロナの世界経済は元には戻らない」コロナ戦争を読み解く| 「今回の危機を経て、世界経済が質的に大きく変わろうとしている・これまでの新興国の発展モデルが崩れつつある・原油価格の急落」
誰も払いませんから。

「今回はリーマン時をはるかに上回る財政支出が見込まれる。危機が終息した後、積み上がった巨大な債務を誰がどう払うのか、誰が得をし、誰が救済され、誰がツケを払うのかという議論を避けることはできない」
Withコロナの世界での生き方…
インバウト需要頼みの会社いるので耳が痛い。
なにはともあれ 色々と淘汰され効率的な社会にはなってほしい。
とはいえ、ひとり一台エアコン時代突入での環境問題への懸念は消えないね
アフターコロナの将来像は素人には描くのが難しい。その手がかりとなる記事でした。
戻るどころか世界地図すら塗り変わるぞ。
日本国内でも県内消費、県内観光になるし、国際的にも国内消費、国内観光になっていくだけだし、ニューヨークや東京という都市に頼らず、個人が情報を発信していくだけの話、地産地消の時代になっていく
アフターコロナに向け個人では何に着目し何が出来るのか。その視点で見ても勉強になった。
分断された世界での経済再生。当面のキーワードはテクノロジー(オンライン)と内需。伸びしろはどこまであるのだろうか。。
「経済活動の質的な変化によって、これまでのビジネスモデルの多くが無効になっていく。昔に戻ればいいという企業は脱落し、変化に対応して新たなビジネスモデルに転換できた企業が生き残る。そうした新陳代謝が激しくなっていくのではないか。」
日本だけならまだしも世界的にアウトだからな。戻らないかもな。
( ・5月23日)
まだ5月だけど、今年の漢字の予想
「災」「病」このどちらかだろう
新しいビジネスモデルができていいのでは。
若い世代のチャンス
経済活動の実感と金融市場の動きが乖離していることだ(中略)中央銀行の流動性供給によって市場のマネーが増えていることが背景にあるとしても、ソルベンシー(財務健全性)を気にしない投資の拡大には違和感を覚える

東洋経済
需要 供給 消費 意味 価値が同時に倒れる故に。新しい専門職を産み増やす新産業を語れるか?
===
アフターコロナよな。小児科の開業医と今週情報交換したけど電話診察の楽さを知った親が今まで通り受診するとは到底思えないということに合意。(いつもN調さんの社長の年収が高いとネチネチ言われるけど)
一週間程度であれば、リニューアルオープン的に活気は戻るだろうが、二ヶ月ともなると、店は閉店、務め方も変わったので、それに付随してくる対人間関係や習慣も変わった。良く言えば進化だ
アフターコロナの世界経済は元には戻らない 「むしろ気になるのは、経済活動の実感と金融市場の動きが乖離していることだ。(中略)ソルベンシー(財務健全性)を気にしない投資の拡大には違和感を覚える。この乖離はいずれどのような形であれ、収斂されていくはずだ」
むしろ、
「オフィスだと人の目を気にしすぎて作業があまりはかどらない」
自分みたいな人間には好機とおもってしまったが、新興国にどうやって支援していくかな……個人ではやれることがほぼ無いに等しいけど。
"これまでのビジネスモデルの多くが無効になっていく。昔に戻ればいいという企業は脱落し、変化に対応して新たなビジネスモデルに転換できた企業が生き残る。”

だよねー。

玉木元財務官が説く「新たな経済」
今までのビジネスモデルのまま、待っていれば仕事が元に戻ると受け止めないコトがスタートかと☘| @Toyokeizai
ベーシックインカム初めて好きな仕事が出来る社会にしようぜ。勤労の義務とセットで。
【コロナ後の世界】

新型コロナの経済的な打撃は、過去の金融恐慌の教訓が活かしにくい。今後は気候変動に関心が集まり、新経済を構築する必要性がある。

「新たな経済」の必要性 |
玉木元財務官が説く
コロナ危機を受けてグローバルなサプライチェーンの見直しが進み、新興国に工場をつくることのリスクが懸念されている。いろいろな意味でこれまでの新興国の発展モデルが崩れつつある。東洋経済から。  大きな問題は、新興国におけるリスクの高まりだ。
「アフターコロナの世界経済は元には戻らない」 玉木元財務官が説く「新たな経済」の必要性 | コロナ... (東洋経済) テレビ会議などのテクノロジーを活用したテ
以上
 

いま話題のニュース

PR