TOP > 政治・経済 > 秋に猛毒化?「コロナ第2波」正しく迎え撃つ方策 | 週刊女性PRIME | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

秋に猛毒化?「コロナ第2波」正しく迎え撃つ方策 | 週刊女性PRIME | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「100年前に日本を襲ったスペイン風邪も2年間に3回の波があり、第2波で多くの死者が出ました。今回の新型コロナも、秋以降に来るであろう大きな波が猛毒化している可能性があります」と説明するのは、渡航医学が専…...

ツイッターのコメント(12)

大西洋タイプのウイルスが入ってきたらどうなるのかが気になるところ。
そろそろ自粛も解除☺️ですが、緩やかに他者を思いやる行動が出来たら良いですね👍

/
100年前に日本を襲ったスペイン風邪も2年間に3回の波があり、第2波で多くの死者が出ました。
「同じコロナウイルスでも種類が違う可能性が高い。より猛毒性があると思われる大西洋タイプが入ってきたら、これまでの対策ではもたないでしょう」
「保健所の強化や呼吸器系の医療従事者の確保が必要だと思います。今回は、ぎりぎりのところで医療崩壊を食い止めたといえると思いますが、次回はさらに過酷な状況になれば病院は混乱します」(佐藤院長)
ボーナスなぁ、そこだけはなぁ…
早くて6月、遅くとも9~10月を想定して予定を立てておこう。

「コロナ第2波」正しく迎え撃つ方策
【悲報···】
~週刊女性PRIME~東洋経済オンライン

まだまだ不要不急の外出控えなきゃならない=ピューロも遊びもダメみたいです
とりあえず鎖国しよう?
「より猛毒性があると思われる大西洋タイプが入ってきたら、これまでの対策ではもたない…

子どもの足などが赤く腫れる川崎病のような症状や血栓ができる症状は、海外では報告されているが日本はまだ。つまり、日本人にとっては未知の種類である可能性」
5/23
以上
 

いま話題の記事

PR