TOP > 政治・経済 > 「濃厚接触」を検出するアプリを使うべき理由 | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「濃厚接触」を検出するアプリを使うべき理由 | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

スマートフォン市場を二分するアップルとグーグルは、新型コロナ対策で手を組むことを4月10日に発表した。アップルのiPhone、グーグルのAndroidの双方で共通する仕組みを導入することで、不特定多数...

ツイッターのコメント(11)

iU専任教員・松村太郎氏がApple・Googleに直接取材をし、まとめた記事が掲載されています。
  
ぜひご覧ください!
せやな!!
”すれ違った人のうちの誰かが陽性となった場合、アプリを通じて医療機関が陽性に設定することで、その患者のカギは「陽性カギ」となり、陽性カギを持っている人に通知が届く”
そうなんや!!
まずはちゃんと理解しておこう →
Bluetoothですれ違った人と鍵を交換🗝。2週間したら鍵は消える。プライバシーは守れる。効果あるかもしれないけど、嫌な時代😞

|
#コロナ 
コロナを通じて既存の概念の新しい解釈がされたり、新しいシステムが増えたりするのか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR