TOP > 政治・経済 > 「YouTuberとして稼ぐ人」がなお自信満々のワケ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「YouTuberとして稼ぐ人」がなお自信満々のワケ | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

2020年のはじめに、GoogleがYouTubeでの広告売り上げを発表した。前年比より36%増の150億ドル。Googleの全体売り上げの9%に相当する額となっている。広告費だけで堅調に稼ぎまくって...

ツイッターのコメント(22)

ブームと言うかほぼ芸人だし。そして他のコンテンツ(ゲームなど)を利用してるし自身だけでは出来ない事多すぎかな。広告費が変わったら終わる。そしてそろそろ金の流れが変わる。
そういう連中のインフラは誰が確保するんだよ
稀有な特例を集めて世界はこうだって言うのは止めよう。 
夢破れて散っていった数多の有象無象の方が圧倒的多数派なのだから・・

----
これ、上辺だけ読むと「YouTuberになって遊んでる奴が勝ち」「そういう社会になる」って捉えがちだけど、全然違う。没頭して突破する力が鍵だという解釈が吉、ホリエモンや与沢さんはその突き抜ける力が異次元だから、我々素人と同一だと思わない方がいい。
プラチナボーイズも良かったら私の好きなホリエモンの言ってること読んで欲しいなぁ〜
遊びの限界を「没頭力」で突破してこそ...
この方の信者の思考回路が理解出来ない。
頑張るな没頭しろ
まさにそうだよなと
とくにトライアスロンの生配信は、お薦めしたい | リーダーシッ… - 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
ハマる人たちが求めているのは、単純に自分の「好き」を楽しむことであって「お金」ではない。しかし結果として、収入を得ていることも事実だ。だったら思いっきりハマってみるのも悪くないだろう

常に賛否両論のホリエモンですが
に求められる本質かと思います
楽しいことだけをして生きている人には、共通の特徴がある。

熱中できる能力が高い。

YouTuberもプロスポーツ選手も、ひたすらにハマり抜いた結果だ。スパルタキャンプ終了後に伸びてる子たちも、楽しくハマれたからだ。

何かに没頭できることは、一つの才能なのです。
レベルが上がっていって視界が変わっていく面白さはめちゃ分かる。
"ビジネスでステップアップしていく自分の視界にひたすら興奮しまくっていた。そうして夢中で走っているうちに、僕は多くのチャンスをつかめた"
スマホ1つで人生が変わる。

これから動画市場、YouTube市場はまだまだ伸びる。

『穴場』を見つけること、好きを追求する事が成功の鍵だと思う。

好きな事で生きていける時代は、より加速していく。
“スマホを通して好きなことだけを突き詰めれば、暮らしていける。そんな夢のような社会がすぐ近くに来ている” →
脳に縛られない心。その動きを明示し、リミッターの存在理由を語れるか?
===
ハマるって大事。
最初は面白いって感じる部分も面倒だと思う部分も出てくると思う。
でもやり続けてると面倒なことも気にならないくらいハマる。
とりあえず徹底的にやってみなっこと。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR