TOP > 政治・経済 > コロナ後「飲食店」復活に欠かせない4つの視点 | コロナショックの大波紋 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

コロナ後「飲食店」復活に欠かせない4つの視点 | コロナショックの大波紋 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

今年の大型連休が完全に明けた5月11日(月)のランチタイム。東京・新宿近辺の飲食店の状況を観察してきました。新型コロナウイルスの感染拡大によって4月上旬から続いている緊急事態宣言が延長され、政府や自治...

ツイッターのコメント(26)

なるほど、コロナの客足回復をイノベーター理論に当てはめて考えるのか。笑
【慎重な人が飲食店で気にすること】
☑︎手袋をつけているか
☑︎目のつくところに消毒スプレーがあるか
☑︎テーブルは綺麗なのか

◉少しでも不安を解消することが大事
お客が飲食店に何を求めているかについても書かれています。
店内は疎を心がけています😂

「疎」って密の反対の意?
要は「安心感」という事ね。。。

#松屋 #マクドナルド
それぞれのお店のやり方があるとは思うがコロナ後の飲食店の形や業態も変わるだろうな。チャレンジャーの目線は感じるよな〜それ感じないお店もあるからね。観光地は特に気をつけていかないと第二波が出るよ。解除後に他県移動するやつ出るから必ず。
こうなってくると注文はGPSを使ってスマホアプリから注文するシステムにする以外にない。自分のスマホなら自分で除菌するから感染リスクは減らせる。
細心の注意を払って松屋に行ったが、ソーシャルディスタンスなにそれ美味しいのっ?て感じで不安になったよ。
何も気にせずくっついて食ってる他の客も、こういうのが撒き散らしてるんだと思った。
よく分かります。顧客の衛生に対する意識と価値観が変わり切ってしまったので飲食店はそこを先回りした対応をしましょうね。

マクドナルドと松屋の持ち帰り策は何が違うか|
松屋しっかりしろ
感染率云々よりも顧客視点で安心できるかどうかが客数に影響するという話。
この記事、すごくよくまとまってる

-
このレポートは素晴らしく今の状況を分析している

今、飲食店に居る人は2.5%程度のチャレンジャーだが、これ以上客が入って来るなと入り口を睨んでる。リスクを冒してる顧客もお店の中は疎であって欲しいと願っている。

本当にその通り!

ノーマスクは勘弁してほしい!
ずっと思っているのは、食事の時にカウンターで人と隣り合わせにはなりたくないなってことなので、お店側はそういう配慮をしてますよってアピールしてくれるだけで結構入りやすくなると思う。
当店の除菌対策は、ワイン飲み放題エリア含む4カ所に除菌用アルコールを設置。
飲み放題のお客様には、接触部をアルコール除菌した後に拭き取り用の、1人1枚の専用おしぼりを別途お渡ししております。
コロナで来なくなった顧客に戻ってきてもらうための工夫って意外と簡単なところで差がつくのです。

なぜ顧客の目の前でテーブルを拭くことが重要なのか?です
コロナ後の飲食チェーン店復活は遠いな
ミステリーショッパーの視点で見るコロナ後ほ飲食店経営→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR