TOP > 政治・経済 > 日本の住宅が「暖房しても寒い」根本的な理由 | エネルギーから考えるこれからの暮らし | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本の住宅が「暖房しても寒い」根本的な理由 | エネルギーから考えるこれからの暮らし | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

新型コロナウイルスの影響で家にいる時間が長くなってきている。家はこれからテレワークの場所として、より快適性を求められることになる。そういう家の性能の話をしよう。昨今、「高断熱高気密住宅」という言葉も…

ツイッターのコメント(62)

理想的にはパッシヴハウス基準で住みたい
@WZoxQPloeM3Elhp @WebSavanna 灰色の幾何学的な都市風景は、誰も見飽きている。
日本情緒を求めている外国人。
木造住宅と瓦屋根の復活は重要。
日本の住宅は怖ろしいことになっている。
顧客が理解しにくい性能値で話しがされるから、建てた後にギャップが発生→でも販売後だから開発元にフィードバックされない→未だ最低レベルなのだろうか。
家にも、燃費はあってしかるべきだ。それを計算できない工務店や設計士は、家を作る資格がないのではないか、との問いかけ
呆れた話なんだが、これが実態。「義務化すると、中小の工務店がついてくることができないから」
日本の「断熱性能の基準」は「世界最低レベル」
よさげな内容だったのですけれど最後に「免疫力」とか出てきてこの点は残念な記事でした(すみません /
マンションも戸建ても酷いよね。>
書きたい事は次から
内地の家は気密と断熱の基準が低すぎ。「"高断熱高気密住宅"は、このG2レベルを超えたい。…このレベルになると、普通の家なら、各階1台のエアコンで制御可能だ。... 冬、寝る前に暖房を切っても、翌朝13度以下にはならない。」/
寒いところで寒い家に住んでいるのでつくづく暖かい家に住みたいと思う。特に年を取ると寒さが身に凍みる。
住宅の温熱計算、つか湿度計算も必要でね?
安倍晋三のせいで、日本は暖かい家を手に入れ損なったのだ。

【消費税導入などで景気が冷え込みそうなときに、基準を強化して不況になったら大変】
「すでに隣の韓国や中国も、今や地球温暖化防止のために基準を年々上げている。そのなかで断トツに低いのが、日本の断熱性能の基準、すなわち省エネルギー基準だ」
<韓国や中国も、今や地球温暖化防止のために基準を年々上げている。そのなかで断トツに低いのが、日本の断熱性能の基準>
日本では住宅の断熱性能の公的基準(=ハウスメーカーの標準仕様)が低いまま20年以上放置されているので、建主は個別にheat2020/g2クラス以上の設計仕様を目地すべきだ、という話。
住宅にも、失われたガラパゴスの30年が影を落としている。
暖かい家(中略)免疫力もアップするだろう。ぜんそくやアレルギーが治り、新型コロナウイルスのような感染症にも(略)🤔🤔🤔
金をけちって家を建てるからそうなる。大手ハウスメーカーで坪単価60万円程度掛けると寒くはないさ。でもドイツに較べると、北海道を除き、平野部は暖かいので、そこまで必要ないだろうね。
知らなかった。家を建てる人は知っておいたほうがよい記事です。
デフレだからだよ 値上げを強制しても買わねぇだろーが
「実は、残念ながら日本の家の断熱性能の基準は世界に比べると著しく低い」
2020年2月4日の原子力問題特別調査委員会をもう一度チェックしよう。
確か田嶋要議員がこのことを指摘されていた。

| 経済ニュースの新基準
建てれば判りますが、大手ハウスメーカーの製品はレベルが低く、設備や見てくれで誤魔化しています。
高気密高断熱に明確な定義はないから、ウソは言ってないけど・・

改正省エネルギー基準(断熱等性能等級4)を満たしている程度の省エネ性能で、

『弊社の建物は高気密高断熱です!』

はどうかと思う。。
窓から入ってくる熱で夏場ひどい事になりそうな……
興味深く読みました。
断熱ってほんとに大事よね…それだけでかなり省エネ🤔
大陸Chinaや南朝鮮と比較して意味あるの?
2020年省エネ基準とパッシブハウス基準では、燃費が7倍違う。HEAT20やQ1.0との比較もあり。
断熱基準が1999年のものが最高値…
毎年冬になると繰り返し繰り返し何度でもこの話には言及してるけど:
確かに我慢してる。これは興味深い記事👀大手ハウスメーカー、不動産テック企業、SREホールディングスとか住宅価値基準に採用して欲しい。
しかし日本の家に求められる窓の大きさと換気量が大きすぎるんじゃないの。知らんけど| @Toyokeizai
本当に断熱が優れていれば、エアコン1~2台で暖かい?!
腐りきった国
ピンハネ、中抜き、手抜き

| エネルギーから考えるこれからの暮らし-東洋経済オンラ
日本の「断熱性能の基準」は「世界最低レベル」
簡単に高気密高断熱住宅が増えてるとか言ってた自分が恥ずかしい…
省エネ、いますぐできることがいっぱいあります。
車よりもはるかに長持ちし、
一生ローンを払い続ける家にも、
燃費はあってしかるべきだ。
日本の住宅が「#暖房しても寒い」

みんな怒るべき。

「実は、残念ながら日本の家の断熱性能の基準は世界に比べると著しく低い。ではなぜ、日本はそれを放置しているのか。2020年に小規模の住宅であっても断熱が義務化されるはずだったが、見送られてしまった。」
>温熱計算ができない工務店は、家を作る資格なし

そうだよ(便乗
本文より「いい工務店」は、どのようすれば見つけることができるだろうか。工務店に「住宅の気密測定はしていますか?」あるいは「住宅の性能を1つずつ計算していますか?」と聞けばいいのだ。

家を建てるなんて夢の夢だけど…。
■今人気の記事■ 【日本の住宅が「暖房しても寒い」根本的な理由】
国の断熱基準はあくまで最低レベルだと認識してもらえれば、住んでから思ったより寒いはなくなります。
ふ〜ん
確かに家は寒い。。
仙台って寒いのに、二重サッシすらなってない家が多い。

断熱に本気出せば、省エネ効率グンと上がりそう。

| 経済ニュースの新基準
住宅の気密の知識や経験があるか、温熱計算をしているかは重要なんだな。工務店に聞いておくことを覚えておきたい。
日本の「断熱性能の基準」は「世界最低レベル」



竹内昌義 建築家
日本の住宅が「暖房しても寒い」

前から思ってた。天井が低いのに冷暖房効果がなさすぎる。日本の家もマンションも。
この数年だと窓はペアガラスでプラサッシが当たり前だと思うけど、去年見た億近いマンション住戸ですらいまだにアルミサッシなんだもんなー。一般住宅でそういうとこケチったらそりゃ寒いでしょうよ。



◎日本の「断熱性能の基準」は「世界最低レベル」
◎独由来の高性能住宅と日本の省エネ住宅の著しい「格差」
◎温熱計算ができない工務店は、家を作る資格なし
✅暖房しても寒い家は
✅買うときに要チェック
✅断熱性能は
✅耐震よりも重要ですよ
だから外からの音も拾いやすいのかね。
昔の低い断熱基準が今でも続いているということです。日本の冬の室内は寒いわけです。
『冬、寝る前に暖房を切っても、翌朝13度以下にはならない。』これくらいの基準にしてくれたら嬉しいですね。
中小の企業を守らんとするあまり国民を置き去りにしている感
残念ながら日本の家の断熱性能の基準は世界に比べると著しく低い。すでに隣の韓国や中国も地球温暖化防止のために基準を年々上げている。そのなかで断トツに低いのが日本の断熱性能の基準すなわち省エネルギー基準 

色々遅れている…
以上
 

関連するニュース

いま話題のニュース

もっと読む
PR