TOP > 政治・経済 > 日本でイノベーションが生まれなくなった真因 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本でイノベーションが生まれなくなった真因 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

近年、日本企業のイノベーション力が低下しているという声をよく聞くようになった。例えば中国に特許出願数や論文の被引用数で後れを取り始めたというのはその証左であろう。リチウムイオン電池のように、革新的な…...

ツイッターのコメント(41)

日本でイノベーションが生まれないというか、単純にグローバルで勝てるサービスやプロダクトでないとイノベーションと呼ばれないですからね。日本は中途半端に内需があるので日本のマーケットを制覇したいという企業が多いので、何してもイノベーションとはならないですね。
「ジャパンアズ№1」
かつての日本の姿はどこに?

半導体は韓国や台湾、ITは中国、金融は米国。
今の日本が世界に誇れるものって何?
ロボット?アニメ?技術力?
毎年のようにノーベル賞をもらう日本人も実は過去の功績。

製造業最前線の僕達が踏ん張らなければならない🤔
他の分野と横断的な研究開発をせず、自分の専門分野だけを掘り進めて掘り尽くしてしまっている状況の模様。
事業開発と製品開発を混同するって無意識に混同してる人が多そう。
好きだもんね泥臭く地道に根気強く粘り強く続けること。そういう精神も大切ではあるけど、取捨選択が出来なければ企業が溺死していくというのもまた事実。
いつまでも町工場の美徳を語る訳にもいかない
日本にユニコーンが出来ないのと同じなんだよね。
既存事業の物差しで新規事業を見ない、人事を独立。これが出来ないと会社としての決断ができないだけでなく、現場と会社とのポリシーにギャップが生じて、結果全体が疲弊することになる。 / (東洋経済オンライン)
イノベーションが起きない組織はこんな特徴があります。

・経営が戦略・ビジョンを描けない(研究開発の方針が既存のまま)
・経営がマネジメントできない(新規用のリソースや組織設計できない)
・経営の意思決定が稚拙(既存事業の評価軸で比べられる)

9割組織の問題。
日本で「ものづくり」が衰えたのは、子供が何かを作ることをしなくなったから。
ゲームばっかりしてるっしょ。
記事でもいくつかの企業の取り組み事例が紹介されていますが、限定的部分的。会社全体の成功事例として誰もが知るようなものが出てこないと、なかなか浸透しない気もします。
本業を愛している経営者が居ないからでしょ。
"儲け"しか考えていない。
"しか"ね。
日本のイノベーション力の低下は、人員数や資金の問題ではなく、研究者1人当たりの生産性の低下が可能性として考えられる。…生産性低下の原因の1つのヒントとなるのが、日本の研究開発領域の硬直性である。日本の研究開発領域は、過去20年ほとんど変わっていない。
イノベーションを研究開発と紐付けるべきではないと思いますが、前半の分析は面白いです。

|
前半に違和感。
研究費は増えているが、米中には到底及ばない。伸びている研究に注ぎ込まれてないから当然米中と比べて生産性は低くなる
研究がうんぬんじゃなくて義務教育でも高校でも大学でも大学院でも会社でも文章の書き方を教えてないからでしょ
しっかりした文章求められるの卒論くらいだもんね
特許をアウトプットと見るといい研究しても特許書けなかったらやってないのと一緒になるわな
大変興味深い記事
確かに日本は既存の研究領域ばかりに投資してる気がするなぁ
ゆとり教育の弊害?自分で考えて行動できる人が減ったと感じる。自分達の未来だよ若者達!危機感を。
うーん、この状態が変わるのに
あと何十年掛かるんだろうか…
興味深い…
スタートアップは新規事業に挑戦する日々だけど大企業は挑戦する企業文化が無く経営陣への忖度多発。経営陣もリスク取れず負のスパイラル。
企業も大学も似たような研究開発している。
既存事業の物差しで新規事業を見ない。しがみついててリアルが見えてない役員はそこら辺に沢山。特に50代でコアビジネスの役員なんてやっちゃだめ。
中国は過去10年で急激に特許申請数を伸ばし、アメリカは緩やかに伸びている。日本は研究費への投資は伸びているも、特許申請数は年々減少している。インプット(研究費の増加)とアウトプット(特許申請数)は相関関係にあるはずが、日本はその相関性は徐々に薄れてきている。
日本企業が「一家意識」でよそ者とか新参者に非寛容であるうちはどうしようもないだろう。
・日本の研究開発領域は、過去20年ほとんど変わっていない
・アウトプットとしての事業領域がシフトできていない、新たなニーズをうまくとらえた事業を展開できていない
ホッケースティック戦略。

|
イノベーションをオペレーションで考える? ⇒
いくらお金をかけても、「みんないっしょに」っていう平等志向や「成功しなきゃ無意味」っていう白黒思考が根っこにあったら、そりゃ成長しないよね。
【組織の硬直化】僕の提案は①の仕組をつくってそこにみんな入る。②利益を出す。もう議論は必要ない→やる。
未来が明るければ、、、、な。その明るい未来を提示するのが政治家だが。日本に住んでるけど、投資先はほぼ外国という人も多いわけで、「投資したい国」としての魅力が出てくればいいなぁ。→
研究領域が硬直化してるのはその通りだろう。

日本は未だに製造業に固着している。

IPS細胞を生み出したのだから、ぜひ大阪が再生医療の最先端を走り、もう一度日本に大きなイノベーションを起こして欲しい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR