TOP > 政治・経済 > 東大生がやっている「本を10倍ラクに読む」技術 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

東大生がやっている「本を10倍ラクに読む」技術 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「なかなか本の内容が入ってこない!」「文章を読んでも、結局何が言いたいのかわからない!」このようにお悩みの方、多いのではないでしょうか。その気持ち、非常によく理解できます。僕も以前は、本や文章を読ん…...

ツイッターのコメント(33)

本や文章を読む前に読む準備をするといいそうです。表紙やタイトルを見て本の方向性や流れを確認・推測するほか、難しい本を読む前に足掛かりとなるような本を読んだり、事前に要約を読んだりするようです。

東大生がやっている「本を10倍ラクに読む」技術:
参考にさせていただいた記事はこちら↓
先入観ばかりで本との出会いがないのだなぁ。/
読まない人じゃなくて読もうとしても読めない人向け。本を読まない奴は既に終わってます。でも死にはしませんよ?不幸でも無いです。知らない世界があるだけです。
『事前知識を得ておいたり、タイトルから推測したり、要約を読んでおくことで、準備ができる』

小飼弾の弾論に出演した方だ。さらに本を楽しめそう。
タイトルがまずい新書のいかに多い事か。
読書を効率的に行う上で非常にシンプルに、かつ合理的にまとめられていた🙂
本が読める人は必ずしも「読解力」があるわけではないらしいです!

大切なのは「読む前の準備」!!
読む前の3つの準備について解説してます。
文章を理解できる頭は要ります
タイトル本当に大事。タイトルでいくらでも誤解生じる。つられてクリックして何度損したことか。。
効率よく読む方法ってあるんです~🤗

読むだけじゃなくって準備が大切~♪
こ、こういうのを読解力があるということなのでは……?
読書苦手という若手が多いので、テクニックとしては参考になるかと。ただ要点を先に掴むのは大事だけど、抽象度高く理解してるだけで具体化できないと「知ってるけどできない」を量産してしまいがち。要約バカにならないようにしっかりと具体と抽象を行き来してほしい。
本を読む前に本を読む準備が必要なんですって!
おもしろい。自分がしてる速読のやり方とほほ同じだった。➡️
西岡壱誠さん@nishiokaissey筆

ラクって言葉が引っかかったけど記事、良かった。読書に慣れた人向け。

読む前の準備が大事。

①前提の理解
②タイトルからの推測
③要約を探す

そこそこ知識がないと①②ができないから。。僕は、③はしてない。あとreviewを全く見ない。
なるほどな。なんとなく言うたいことは分かった。なんかアレだな。ネタバレサイト見てか本誌読むみたいなw
この記事の内容は端的でかつ的をいている。

全くもって、その通り。

なので記事の中で紹介されている本はもう読む必要ない。

東大生は読書前に要約を探す 難しい本もスラスラ読める技術
東大生は読書前に要約を探す 難しい本もスラスラ読める技術
。「前提の知識」の理解。タイトルからの推測。要約を探す。
いきなり難しい本はわからず挫折してしまいますからね…
まずは“読める本”を読む

・前提知識を理解する
・題名から内容を推測
・要約を読む



@Toyokeizai
ラクに情報を入手したければ要約サイトなり、解説動画を見れば良い
探せば何処かにある / (東洋経済オンライン)
東大に受かるかというとまた別の話😅
いきなり読むのでは無く、準備する。

タイトルや目次から、どんなことが書かれている本なのか推測する。

要約を探して読む。
東大生が「読む前」にやる3つの準備
①前提の理解
②タイトルからの推測
③要約を探す
以上
 

いま話題のニュース

PR