TOP > 政治・経済 > 死者が平時の2倍突破「NY医療崩壊」のリアル | 激震!ニューヨーク封鎖 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

死者が平時の2倍突破「NY医療崩壊」のリアル | 激震!ニューヨーク封鎖 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ニューヨーク市の死者数は4月4日までの31日間で、例年の2倍を突破した。これは同市全体の死者数で、ここには新型コロナウイルスが直接の死因となったもののほか、心臓発作やがんなどほかの死因によるものも含ま...

ツイッターのコメント(13)

NYの所謂「超過死亡」にはCOVID-19以外の死因も相当数含まれているようだが現時点でははっきりと分からないそうで。この辺の関連死の調査が進むのはいつ頃になるだろう
ニューヨークでは同月前年度比で2倍の死者数だよ
なぜ政権に近い人は「大したことない」方向に行きがちなのかな?
医療崩壊は実際のコロナ死亡者を見落としたり、コロナ以外の助かる命を失わせている可能性も。

日本がこのようにならないことを願います。

コロナ以外の死者も急激に増えている」
東洋経済
医療崩壊というのはこういうことだよな。 →
ウィルスの直接の死以外も影響
コロナが直接の原因ではないにしろ2倍死んでるのは事実。毒性はインフルと大差ないって記事もあるけど、なんの気休めにもならない。
"現時点の統計に従えば、ニューヨーク市では4月4日までの1カ月間に約9780人が死亡したことになる。例年より5000人も多い数字だ" | 経済ニュースの新基準
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR