TOP > 政治・経済 > コロナ騒動で光るポーランド人の「切り替え術」 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

コロナ騒動で光るポーランド人の「切り替え術」 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

25コメント 登録日時:2020-03-29 06:12 | 東洋経済オンラインキャッシュ

今や新型コロナウイルスのパンデミックの中心地と化してしまったヨーロッパ。多くの国が感染者の拡大を抑制しようと、学校の閉鎖や国境の封鎖、外国人の入国制限などの対策を行っている。 筆者が暮らすポーランド…...

ツイッターのコメント(25)

ここまで切り替えが早いと、経済も学業も被害最低限でstay home出来そうだよね~。
まぁ、うちもnet環境無くて取り残されるが。
連帯という単語でふとポーランドを思い出したんだけど、欧州の中じゃ比較的よくやっている方だった。流石ペストを乗り切っただけはある。|
ふと“非常事態”下の、ポーランド国民の危機意識が欧米諸国とは違うかもト思い、目に止まった記事。学ぶ事案が多いような。
オンライン化がすすんでいるらしいです。
歴史的に辛い時期が長かったから、国民が強いんですかねえ。
オンラインに対応できる人は良いけど。。。

コロナ騒動で光るポーランド人の「切り替え術」 -
ポーランドはここ半月ぐらいで一転したからなあ。3月頭はめっちゃお気軽だったのに、今や学校はおろかアイスクリームの人気チェーン店が閉まってるレベル。
そういや過去のペスト禍でも慣習の関係で比較的犠牲者が少なかったんだよな<ポーランド周辺
ちょっと逞しさに笑ってしまった。
EUと一言で言っても幅広い。貴重なポーランド のレポート。やはりキャッシュレスが進んでいるのは安全さが違いそう /
ポーランドでの対応状況とか雰囲気が記事になってた。
本文より「コロナ禍後の勝ち組・負け組を分ける勝負はすでに始まっているのかもしれない」
同感です。

リアルがダメならオンラインがあるだろう」
東洋経済
@nagoyavegan この中のポーランドの展示会の記事・・・・
ポーランドからの報告。世界中がみんな戦ってる →
日本人もポーランド人 を見習って前向きにオンラインでイベントや学校の授業をしたらいいのに。
みんなで集まってワイワイするのも
楽しいけど、今は大人しく家でも
できることに力を入れるべき!!
「店の前には数人が並び、1人店内から出ると1人中に入るというシステムが自発的に出来上がっていた」
これ意外とできない気がする。
ポーランドで、中止になったイベントのほとんどはオンラインのライブ配信に移行。ミハシヤさんのコラム。  ヨガ、ダンスレッスン、語学レッスン、ギター教室、料理教室などのオンラインも次々と立ち上がった。
~⊂'"゙`づ,゚Д゚彡つ<確かポーランドはその昔「ペスト禍」から免れ、ダメージを受けなかったはずよねぇ。
以上

記事本文: コロナ騒動で光るポーランド人の「切り替え術」 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事