TOP > 政治・経済 > 「オンラインで授業」先生たちの試行錯誤の日々 | コロナショックの大波紋 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「オンラインで授業」先生たちの試行錯誤の日々 | コロナショックの大波紋 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

17コメント 登録日時:2020-03-26 05:44 | 東洋経済オンラインキャッシュ

突然始まった休校に合わせ、家で過ごす子どもたちのため、良質なオンライン教材や動画、書籍の電子版などが官民問わず、さまざまな形で無料開放された。しかし子ども自身が喜んで利用するかどうかは個人差が大きく…...

ツイッターのコメント(17)

埼玉県の私立小学校では、休校要請に対しメッセンジャーアプリ「ハングアウト」で教員間の調整がなされたそうです。また、ビデオ会議システム「Zoom」のチャットや挙手機能を使った授業も行われているようです。

「オンラインで授業」先生たちの試行錯誤の日々:
上手くいく、いかないは別として、こういう取り組みを行っている学校や先生は、本当に凄い!
@gifugifunishite とある小規模の小学校は完全リモートらしい。


コロナウイルスの危険性と導入の手間を天秤にかけたときにどっちに振るかですよね。。。
オンライン授業に取り組む体制を早急に構築しないといけないと伝えるこうした記事がどんどん増えてほしい。#オンライン授業 #学校閉鎖 #コロナウイルス #文科省頑張れ
先生と保護者が創造的に協力すれば、新しい学びの形ができていくと思う。

「オンラインで授業」先生たちの試行錯誤の日々 | | 経済ニュースの新基準
真似はできないが参考にする。
新年度、「オンライン授業」が現実味を帯びてきた。
もう、教材プリントの封入・封かん作業はこりごり…
iPadや Trello zoom google classroomなど、ツールの選び方と使いこなしが絶妙
今年大学入学の長男も、いきなりオンライン授業。介護・医療業界の研修なども中止続きだから、オンラインに切り替えるチャレンジ。
-
緊急時だけの取り組みではなく、継続して取り入れる環境を予算を含め国は考えるべき。
以上

記事本文: 「オンラインで授業」先生たちの試行錯誤の日々 | コロナショックの大波紋 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事