TOP > 政治・経済 > 少年野球を救う新潟県の「野球手帳」の存在感 | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

少年野球を救う新潟県の「野球手帳」の存在感 | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「1年前にはこんなことになるとは、考えもしなかった」筆者は昨年12月、「新潟青少年ベースボールフェスタ2019」の取材をした。その会場である関係者は感慨深げに語った。1年前、新潟市朱鷺メッセで開催された「NII…...

ツイッターのコメント(14)

医師監修の手帳で練習・ケアの方法、セルフチェック、検診を紹介。診断結果・治療方針を記録して治療者-指導者の情報共有。同時に整形外科医へ手帳の存在を周知し、活用を促す。|
(広尾晃) 【東洋経済オンライン】
「頼めば越後から米つきにも来る」新潟の県民性ってなんだろ?笑
野球手帳ってなんぞやと思えばお薬手帳みたいなもののようで、怪我するの前提かよとwいっそ学童期は野球禁止にして水泳でもやってたほうがよっぽど体にいい
新潟だけじゃ勿体ない。全国に広がってほしい→「筆者が感心するのは、新潟県の「野球手帳」が極めて機能的で、実用的なことだ。」/
「『野球手帳』は、医療サイドから野球少年に押し付けたものではなく、新潟県野球界の総意として生まれました。この冊子によって野球界と医療が本当につながったと思います」
介護(活動・投薬情報を、関わる異医科で共有するとか)にも使えるかもねえ。
スマホアプリ化すると、時間・移動計測とかが自動化できる。
新潟県の野球界、先進的な取り組みである。

私は主原因が怪我で、早々に現役引退を余儀なくされた経験をした。

苦い想いをさせたくない。

幼少時並びに学生時から自己コントロール(自己管理)がパーフェクトに出来れば良いが、知識も乏しく、なかなか難しい反面が有る。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR