TOP > 政治・経済 > 型にはまった人はアートの本質をわかってない | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

型にはまった人はアートの本質をわかってない | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「日本からはイノベーションが生まれない」そんな言葉をよく耳にします。なぜでしょうか?もしかするとその前に考えたほうがいいのは、「そもそもイノベーションとは何か?」ということかもしれません。日本では「…...

ツイッターのコメント(10)

タイトルが少し挑発的なものになっていますが…

東洋経済さんでアートシンキングに関する記事が出ました。

近代絵画はいまでは「美」となっていますが、当時はかなり「やんちゃ」
アート思考はいわゆる「当たる」アイディアをつくるためのツールでないことも書いています。
若宮さんの記事、公開されました。
確かに、写実的な絵画が評価されている中で、全く異なる絵を提出するのを想像すれば勇気が必要。その勇気を出すためには自分との向き合いが不可欠。
型にはまったアートファンも山ほどいるけどね。そもそも型がわかってないとハズせねーよ/
型という表現をしてる事こそ「型にハマってるよね」
平均だよ
アートシンキングで重要なのは、今回のようにアートの創造プロセスを追体験することです。アーティストがどんな時代や環境の中で、作品を「なぜそのようにつくったのか」、そこに想像力を働かせ、アーティストの視点から創造のプロセスを追体験するのです。
以上

記事本文: 型にはまった人はアートの本質をわかってない | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事