TOP > 政治・経済 > 「発達障害」と言い難い子どもが量産される背景 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「発達障害」と言い難い子どもが量産される背景 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

私は半世紀にわたり発達障害を研究し、たくさんの子どもたちを診察してきました。25年前に出版社からの依頼で初めて「発達障害」をテーマに執筆したとき、専門書以外に類書はほとんどありませんでした。近年、テレ…...

ツイッターのコメント(45)

@Toyokeizai
Dr.によっても違うから、親は混乱しますよね😩親もある程度の知識を持たないと、医師の言葉だけで過ごしてしまう…
本当に発達障害なのか疑うことも大事だと思う今日この頃
▶︎
@acco_acco0000 当然ですし、あまりに安易に発達障害の診断を下す医者も多い様ですので、怖いなあと思います。

accoさんとこも初診でいきなりの診断ですよね💦

この記事はもうご覧になってますかね。ご参考まで☺️
はい、泉が丘小学校の校長や先生、保護者は一人の児童の人生を傷つけたことをどう責任をとりますか?後、誤診したバカ医者な。不登校になった子は、みんな病気か?笑わせんなよ。子どもを信じることもしない。声を聞こうともしないクソどもが。
発達障害が広く知られ、これまで取り残されていた当事者が診察を受ける機会を得たのはよいことですが、現場では発達障害とは言い切れない子どもへの過剰な診断が多く見られます。
ふむふむ(・_・)
私の身近でも、「このお医者様、発達障害についてお詳しく無いのに専門医?」という例をちらほら見聞きするなあ・・・
むしろ逆のパターンの方が深刻。放置して周りの人間が追い詰められるくらいなら過剰診断も止む無しでは?
「友達をばかにした結果その子が不登校になったこと、登校班で一緒に通う子供と喧嘩になりその子を押し倒してしまったこと等が重なったため、学校から受診するように言われた、とのこと」
現場は原因が不明な問題行動があると「発達障害」に結びつけて合理化しているのでは?
親が過敏になりすぎ?
能力がありすぎて平均から外れてしまう「浮きこぼれ」ってやつか。
誤診は多いと思う。ASDとADHDを区別できない医師はいるだろうしなあ。
このくらいのレベルで本人に困り感がないとすると、子どもの行動の真意を聞く事もなく「この子は異常」とする母親も母親。
医者も親も結果だけを見るのではなく、子どもに「どうしてその行動をしたのか」聞いていたら防げた誤診な気がする…
ツイッタランドでも自称IQ50〜70台の大人が「自分は発達障害だ」って銘打って滞りなく他人との会話のやりとりができてるからね。
こういうのと通底してるのかも。
榊原 洋一先生。発達障害の専門家の中でいつも的確な意見をされてる印象。「重度自閉症」の誤診断ケースは苦笑したが、ゼロ知識の親御さんがこれをわが子に突然突きつけられたであろう衝撃は計りしれない。このケースだけでなく、おしなべて現在の精神医学は玉石混交すぎる。
発達障害を診断できる医師の不足が問題となっていますが、誤った診断を下す自称専門医が増えるのも困りますね。
“私が当惑した理由は、そもそも成績が普通で、友達と鬼ごっこやしりとり遊びができ、私の質問に的確な答えを返してくるこの男児に「重度自閉症」という診断書を出す医師、それも発達障害専門をうたっている医師がいる、ということです。”
これはまずい。
年齢性別に関係なくその方がどうであるか?と、いう観点でその方に合わせた伝え方を心掛けています。
タクシー業務の習熟は、人によって大きく違うという事。

〉〉〉
障害という言葉がネガイメージの要因であって、ギフテッドとか前向きなワーディング使えば世間の目も変わる
大人は本当に二次障害で人生くちゃくちゃだよね。
最近ちょっと普通と違うだけで発達障害とか多動とかいうの、なんか変じゃないか。
診断名は特性のひとつの要約。周囲と円滑に通じる要約を言えるようになれるといい。
中々、身近に子供をわかってもらえる医師に出会えない。未だにね😭どうしたものか😭
発達障害と診断されたい[親&教員]が存在します。トラブルが発生した時に、発達障害が免罪符になると考えている人がいます。

親&教員の期待に応えられない度に「発達障害だから」と言われ続ける子供がかわいそうです

***
「発達障害」
医療現場で起きている誤診・過剰診断
確かに無理やり発達障害にされてる人もいると思う。接しててえっ本当に発達って思う人が多いくらい。
ほんとにガチの発達障害は親子喧嘩で留置所に送られます。
よくわかんないけど、少なくとも四六時中ツウィッターなんかに齧り付いてる奴はアタマ狂ってるんだと思う
たしかに。幼稚園に行くと、発達障害の子供がけっこう多い。
医師のレベルの低さに驚きます。
素人でも読書したりニュースを読み取れていれば分かる。
わたしが把握している誤診の内容と同じことが的確に書かれてあるのでこの先生はかなり信頼できる専門医だと感じました。本を読んでみたい。
診断が目的ではない。大切なのは、その子にとってどんな手立てが必要なのかだ。
なるほど!というね( ´∀`)
精神科領域と医学的領域と小児科領域に精通してる医師なんて、ほぼいないよね。
私も一回自分をADHD疑って受診してたことあるけどそりゃあんだけ出来てない出来てないって職場で虐められたら疑ったりもしちゃうよね。
昔から得意不得意がはっきり分かれてたし耳コピ得意だけど楽譜読めなかったり周りからは理解し難い子だったと思う。片付けできないし→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR