TOP > 政治・経済 > 吉野家玉ねぎ4倍「ねぎだく」人気の深いワケ | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

吉野家玉ねぎ4倍「ねぎだく」人気の深いワケ | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

29コメント 登録日時:2020-02-15 05:48 | 東洋経済オンラインキャッシュ

江戸時代からあるファストフードと言えばそばや寿司だが、牛丼も気軽に素早く食べられる点で、伝統的なファストフードと呼べるかもしれない。2019年に創業120年を迎えた牛丼チェーンの吉野家もれっきとした老舗と…...

ツイッターのコメント(29)



先般、目新しく感じ、「ねぎだく」をオーダーしたが、そんな歴史があるメニューだったとは!!
以前の吉野家もそうだが、ケンタッキーも定番メニューを見つめ直し磨き上げることで復活した。

消費者はシビアだし嘘をつかない。
株価もシビアだし嘘をつかない。


@Toyokeizai
同じ牛丼でも色々なバリュエーションに挑戦し、また黒吉野家など店舗形態も新しく、それでいて牛丼のおいしさは変わらないというまさに不易流行の象徴です。も新たな挑戦、吉野家さんはこれからも楽しみです。
どっかで見た人が居るw/
就職して直ぐに行った店が だったような
東京には牛丼専門店があるんだと驚いた記憶が
吉野家コピペは関係なかった。
吉野家であれこれ好みのオーダーするのは気にしないが、ラーメン店では出されたままをいただきますw
さっさとネギだけと肉だけ販売しろや。
外野の御託はどうでもええ(´・ω・`)
汁だくとか大して食いたくもないのにファッションで注文してるヤツは吉牛来るな。迷惑。
この時間のねぎだくは、そそられる
牛丼は玉ねぎが旨いのよね。
色々と意味合いを考えられているんですね。
ちょっと食べてみたくもありますw
健康志向の年寄りは喜ぶのでは?…私も含めて😁
---
美味しいけど…ここまでやるとしょっぱすぎ!/
店舗のオペレーションはどんな感じなのだろう。→
あの玉ねぎは専用だったのか…!ねぎだくたまごみそ汁。週一のペースで食べてる(笑)

…「ねぎだく」の場合、全国の吉野家で対応していたのは玉ねぎの量を増やす代わりに、肉の量を減らしたもの。築地店のみでは、肉の量をそのままに玉ねぎの量を増やしていたらしい。…
やっぱり旨いもんね
これめちゃくちゃおいしかったから今度Youtubeでも紹介する
食べてみよう! →
以上

記事本文: 吉野家玉ねぎ4倍「ねぎだく」人気の深いワケ | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事