TOP > 政治・経済 > コンサルばかり儲けさせる「国の補助金」の問題 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

コンサルばかり儲けさせる「国の補助金」の問題 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

110コメント 登録日時:2020-01-20 08:11 | 東洋経済オンラインキャッシュ

いまコンサルティング業界では、2つのバブルが起こっています。1つは、大手コンサルティング会社の就職人気バブルです。人手不足で事業会社は軒並み採用で大苦戦するなか、大手コンサルティング会社が就活生の人気…...

ツイッターのコメント(110)

・大局的には需要や雇用が廃業する中小企業から生き残る他社にシフトするだけの話で、中小企業庁が指摘する破滅シナリオの「可能性」はゼロ
・中小企業政策を推進したいがためのあおり
"経営者が経営で困ったことがあったらコンサルタントに相談するというのが本来の姿ですが、事業承継支援(など公的支援)ではコンサルタントが補助金をエサに経営者に売り込むという逆転現象が起きている"
今更ですが、(東洋経済)




安倍は、この報道機関まで手が回らないのかな?
地域の問題は、その地に根を張った(何処にも逃げようがない)人間が知恵を絞って、解決しないといけない。失敗したら、はいサヨウナラ、が出来る人間にカネを出すのは、泥棒に負い銭、でしかない😒🤬
よくぞ記事にしてくれました!
@Toyokeizai
「官民連携」スキームなんかも、コンサルのドル箱となっているが、日本のロビイストの変化とも関連して、公共政策が全体として歪められている。
認定支援機関はほとんどが税理士だけどな。診断士の食い扶持になってるのでいいたいことはわかる→
コンサル問題はこればかりじゃなく、国から地方自治体への補助金でも起っている。むしろこっちの方が闇が深い。

「事業承継補助金」 | 国内経済 - 東洋経済オンライン
これ、問題です〜!
昔から思ってます。コンサルって名乗れば、苦しい状況の方は藁をも掴む気持ちで応募します。

病気の妻をサポートする時、コンサルはインチキばかりでした。
でも本人は真剣で、受けないと気が落ち着かない。病気コンサルはほとんど許せない商売です!
見劣りするのは成功した際のアップサイドであって、底堅さとどこでも通用する安定性は抜群だよね→
外資系ファームがいちばん人気です。コンサルティング発祥のアメリカでは、起業家や投資銀行家と比べてコンサルタントは「かなり見劣りする職業」。
廃業時に黒字企業が多いことと、地域文化が消失すること、この2点が事業承継のポイントで、よって①M&Aと②起業・移住希望者とのマッチングが必要。これをただ市場に任せれば良いというのは、やや乱暴。
@Toyokeizai より
立場的には「これ広まったら困る」なのだが
大学への補助金ではなく奨学生に、といってる手前
言及すべきとは思う。

要は後継者不足なのだが
現経営者で何とかやれてるレベルの事業を
そのまま引き継ぐと継続させるだけで大変だと思う。

コンサルは魔法ではない。
その補助金は税金。安倍政権の闇。
まともなファームに勤めたこともなく、特に大した実績がないこういう記事書いちゃう奴でも自称で経営コンサルタントになれる業界なので、ファーストキャリアのブランドは大事だと思うぜコンサル界隈
この問題の根底には、官僚言語(法律言語)の理解出来る人間が中途半端に増え、出来ない人間が文章を作れるコンサルタント依存になってしまう事でないか?
(日沖健) 【東洋経済オンライン】
事業承継って「国策」でそれなりの国家予算もおりているジャンルなのに、一般的にはほとんど知られてない領域だよなあ。公的機関でも支援しているので、くれぐれも、怪しいコンサルには近づかないようにね!
コンサル…つまり参謀キャラ🤔
ピンハネ企業が横行しすぎ
行政の補助金で仕事を賄うコンサルタントって冴えないわ…
これはまじでその通り!
事業やってる人にほしいね!
「したがって、国がとるべき政策支援は以下の3点です」
/
中小企業への補助金、各種支援は相当に手厚いので調べてみると驚く。国、都道府県、市区町村での重複もかなりあったり /
通称寄生コンサル

特に中小零細企業を食い物にしている

言葉巧みに、難しい言葉や課題を与えて寄生する
とりあえず補助金をダシに営業する補助金業者は死滅すればいい。
ホンマかいな…。現地のHarvardやU-Pen学部生の方に意見聞いてみたい。

コンサルティング発祥のアメリカでは、起業家や投資銀行家と比べてコンサルタントは「かなり見劣りする職業」。優秀な学生が競ってコンサルタントになろうとするのは、日本特有のバブル現象と言えます。
補助金って事業者の事務負担の多すぎるものが多いからこうなりがち
補助金の執行団体が、大企業の出世競争に負けた、人件費(だけ)高い人材の受け皿になってる件について、ついに切り込んだ記事かと思ったけど、違って、勝手にガッカリしたのが私です。
コンサルはその企業が何年経っても出来ないことを数ヶ月でやる。をモットーにしてるからね。
なんでコンサルに金払って、社員に還元しないの?って感じ。1番手取り早いモチベアップ
去年からの私は社内コンサル的なことしてる。そして鬱になった←
1度は経験したかったけど、非常にヤル気そがれて辛かった。
認定経営革新等支援機関の説明が雑過ぎwww
無知なのバレバレwww
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
まーた東洋経済オンラインの煽り記事が… >アメリカでは、起業家や投資銀行家と比べてコンサルタントは「かなり見劣りする職業」。優秀な学生が競ってコンサルタントになろうとするのは、日本特有のバブル現象と言えます。
うちにもこの手の話がちょくちょく来るのだけれど、大して困ってない事業者の延命支援をするコンサルにお金が落ちるものが多くて、うんざりする。> |
ですよね
一度やったら止められい
ですか・・😞💨
本文で書かれてる「雑な試算」をやってるんだけど、どこも雑な試算なのは変わらないのね
事業承継周りは本当にひどい。騙し合いの様相。/
. 癒着の構造がアリそうだ・・・
公金に群がるハイエナのようなコンサルが横行してますよね。
彼らの実績とは成功の数ではなく、実行数。いかに公金を引き出すかで量られています。
巷ではこんなことが起きてたんだ、、😂確かにこれじゃコンサルばかり儲かる。
コンサル言うても色々ですわ
心無い名ばかりコンサルが多いのは事実だな
コンサルバブル時代突入
面倒なこと何でもやるパシりモドキだけどな
つまり、コンサルタントって

仕事ないんだよ 国に仕事を作ってもらわなきゃいけないんだから。
なるほど。コンサルタントになればワンチャン・・・!ないか。
バカに政権を取らせるとこうなる典型。
既得権益にしがみつく与党(日本は自民、大阪は維新)のさじ加減でいくらでもどうにかなる厄介な仕組み。

健全な野党の出現を心待ちにするしか期待できない。
東大生のなりたい職業トップ流石
コンサルってだけで読むよね。
特権的地位を与えられているが、永久保証はない。学生に「地方創生」や「M&A」などと言っている会社に注意!
事業承継バブルで、コンサルだけが儲かっている、と。そういう補助金をあてにするコンサルもあるのね… →
/今ある企業がすべて必要で欠けることが許されない、なんてことはない。国の見積の杜撰さがずる賢い中抜きを跋扈させてると。
コンサル業依存は、日本人らしい体質のせいかもクマね( ˘(エ)˘ )
事業承継が本当にもうバブルならば、これからじゃ遅いのかなあ。
コンサルティングの現場では、事業承継支援がバブル化している。日沖健さんのコラム。  事業承継支援(など公的支援)ではコンサルタントが補助金をエサに経営者に売り込むという逆転現象が起きている。事業承継支援は実質的にコンサルタント支援。
補助金バブル、判子を押すだけでコンサルが儲かる制度は凄いね。変えないといけないね
---
昔から、そのように。どこがそのような補助金をってお知らせが来ていたかな。
確かに最近、歯科業界でも助成金絡みのコンサル会社が増えてきたな。なかには怪しい会社もあるから注意せねば。
@Toyokeizai
いまどき会社は割と簡単に作れるので、諸々リセットしてまっさらから未来と可能性のある要素洗い出して再構築した方がいいと思うんですけどね。色んな無駄が削ぎ落せて文字通り生まれ変われるのに。
「事業継承」で本当に継承したいモノは何なんでしょうね。
なるほどー。。。こういう理由でコンサル業界ってバブってるのかー。。。コンサルって何も付加価値を生み出してないよね。。。 →  |
事業継承セミナーブームの裏にこんな巨大な闇が(--;)
田舎じゃ新規事業への投資とかよりもこんなしょーもない補助金ばかりが市場を動かしてるんですよ。そして金が虚空へ消える。
中小企業庁の試算が独り歩きしているとの話は、確かになと。|
日沖健さんのおっしゃる通り。ちなみに、弊社は補助金は一切てがけていません。もっと言って。
行政書士を噛まないと受給できなくて、そこにコンサルが出張ってマージンとって企業はなんのこっちゃになる
本当にこの国は、官僚に仕事を任せてちゃんと回っていけるのかね。。。どんどん悪い方向に行ってる気がするのは気のせい???



・経済
偽者、紛い者、無資格者、無法者が跋扈していますからご注意下さい。
これに限らず、補助金は問題が多い。企業主導型保育事業しかり。そもそもわかりづらいからコンサルが必要となってしまう。仕組みを簡素化するだけで無駄を随分省けると思うのだが(補助金だけでなく行政関連の申請は総じて煩雑)。
★感じています。
実業が儲かる社会を作れよ。
確かに見込みのない企業金なんか出す必要性ないわな
それだったら見込みがある企業に金出したほうがこの国のためにもなるだろうし
早い話投資とわからんのかな?
「事業承継支援が実質的にコンサルタント支援になってしまっている」・
事業承継補助金が近年通りやすい気がしていたので、いつかはやり玉にあがるかな?と思ってたらあがりました。
自身で申請する企業がもっと増えればヨシ。
美しい物作りニッポンのよくあるパターンだな、、、: | 経済ニュースの新基準 -
何のことはない、事業承継支援が実質的にコンサルタント支援になってしまっている・・とのこと・・・
まあ、分からなくはないかな。事業承継はすれば良い物でもない
ソーラーパネル押し売りみたいな、役人の考えた欠陥システムを有効に活用した錬金術スキームを感じる、、、
こういう補助金を生業としているコンサルは非常に多い。今は確かにコンサルバブルの気はしています。

やっぱり、自分で事業していかないとね。

補助金ってドラッグみたいなもんです。
先日も書いたけど、コンサルだけ責めれば良い問題じゃないのよね、この手の話は…
コンサルはノウハウや技術提供をするが労働者の気持ちや提供するサービスや商品も大事ですよね😃
知っていたけど、なかなかいい記事!みんなに読んでほしい。
よくある役所主導の本末転倒?このような闇をみなさんも知るべきです。
事業承継支援(など公的支援)ではコンサルタントが補助金をエサに経営者に売り込む逆転現象が起きている
表面的な話しかしてない
本来は経営者や労働者のためにある「国の補助金」が、コンサルタントばかりを儲けさせてしまってる。
バラマキになり下がった「事業承継補助金」の問題点を指摘してます。
あと雇用調整助成金も社会に必要されない会社の延命になるだけ❗🤷
〇〇に予算〇〇億円……。
お金は蒸発したりしないので、これは富が国庫から誰かの懐に移転してるだけですもんね。
本当これな
正直な話、「中小企業がいっぱい倒産するぞー!」と叫べば「誰かが儲かる」利権があるとしか思えませんけど・・・。
政治家は有識者会議へ政策を丸投げし、役人は国家の事業をコンサルへ丸投げする国、日本。能力不足なのか、やる気がないのか、金で責任回避の自己防衛、組織防衛。その金は公金。
補助金申請って、面倒くさい事務処理がほんとーに多い。特に初年度は勝手が分からずどれだけの労力が奪われることか。だったら不備無く体裁整えてくれるコンサルに金払ってでもお任せしたくなるの解る。監査側もコンサル入ってれば書類審査時間大幅削減実現できるでしょうし。
コンサルには良い印象はないなぁ。
社内事情見ずに引っ掻き回すイメージ、ってかやられた
中小企業が他国と比べてもかなり日本って多いらしいね。
これ、マジでよくある問題。成功報酬で金取る補助金コンサルが儲かってるが、制度趣旨はそうじゃない。
消費税みたいな余計な税金を取らないほうがよっぽど助かる中小企業多そう。
以上

記事本文: コンサルばかり儲けさせる「国の補助金」の問題 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事