TOP > 政治・経済 > ゴーン会見で日本人が理解できなかったこと | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ゴーン会見で日本人が理解できなかったこと | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

20コメント 登録日時:2020-01-14 05:55 | 東洋経済オンラインキャッシュ

2019年1月8日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏が世界のメディアを集めて、中東レバノンの首都ベイルートで記者会見を開きました。会見の内容は日本でもずいぶんと報道されましたが、4カ国語が飛び交う記者…...

ツイッターのコメント(20)

下らない。「植物教育しか受けてないので難しいことは分かりませんが、金持ち=悪党で、なんとか裁いてやりたいだけです」って素直に言えばいいのに。
視点が変わるとこんなにも見方が変わるとは。
レバノン当局から取り調べを受けたニュースは流れたが、イスラエル絡みの取り調べだったのか。
@Toyokeizai
※ルノーのフランス人としてなら特に問題ないんじゃねえの!
母子がともに暮らせる刑務所
イスラエル入国の件は裁判すべき(あくまでもフランス人としての入国と言う論理で執行猶予付くでしょ)
刑務所、拘置所がドイヒーなのは、仏教の影響かと。
有罪になりそうなことは仏教国ではしない方がいい。
色々な側面が多くて頭が追いつかない中東情勢。
世界が見た国際人ゴーン氏記者会見の多様な解釈。

日本人が理解できなかったこと、
文末より

日本は日本の司法制度があってしかるべきだと思いますが、日本の当たり前は必ずしも外国の当たり前ではないことは知っておいたほうがいいと思います。
犯罪者は過ちを犯した普通の人と考える必要がある。また、環境は人を作る。犯罪者を罰することより犯罪に至った原因を究明し環境を改善していくことの方が合理的だと思う。
何に対しても押しつけがましい欧州ならではの考え方。日本の当たり前が外国の当たり前でないのであれば、外国の当たり前は必ずしも日本の当たり前ではないとも言える。
ゴーン氏問題で、日本の人権意識が世界基準に無いことが世界に発信された。日本は日本の司法制度があってしかるべきだと思うが、日本の当たり前は必ずしも外国の当たり前ではないことは理解した方が良い。
会見そのものから全て私は理解できないけどね。逃亡してからのことだからね。
ゴーン会見で日本人が理解できなかったこと(東洋経済オンライン)
10年以内にゴーン氏 レバノンで不審死まで考えられるな。
かつての悪名高き独裁政権時代のイラクの刑務所でさえも、7歳までの子どもは母親が服役しても一緒に暮らせるようになっていました。就学した子どもであれば、毎日マイクロバスで刑務所から学校に通います。
せっかく逃げ込んだレバノンですら「イスラエル入国」の爆弾を抱える悪党ゴーン。「楽器箱隠れの姑息な海外逃亡」をまたレバノンでやるか。こんな悪党、今度はどこも受け入れる国がなく、国際ジプシーになる?!
以上

記事本文: ゴーン会見で日本人が理解できなかったこと | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事