TOP > 政治・経済 > 受験失敗でも「心が折れにくい子」の本質的要因 | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

受験失敗でも「心が折れにくい子」の本質的要因 | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

12コメント 登録日時:2020-01-16 06:32 | 東洋経済オンラインキャッシュ

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから受験シーズンの今、ピリピリとした雰囲気が漂っている家庭もあることでしょう。中学受験、高校受験、大学受験と、子どもの年齢が上がるにしたがって、ピリピリ感は少なくなる…...

ツイッターのコメント(12)

受験は一発勝負だから仕方がないと言えば仕方がないんだけど親がまずは失敗を許さなきゃだめだよね。
自分の親は失敗しても、またチャンスがあるさと明るかった🤪結果今でも頑張れてる
一番初めにも書いてあるけど、「親の心の問題」は想像以上に大きいと思う。
内容はいろんな本に書かれている。私も最近子どもにポジティブな言葉を投げかけてます。
最後の方はとても同意します。

ハクレピのレッスンでは、わざと先生が間違えてみたり、一般的ではないことを言ってみたりします。

子どもに間違ってもいいんだって思ってもらいたくて。

失敗したら協力して改善しようねって。
できないことを引きずるタイプで。でも軽めに「なんでできないんだろう?」「あ、そっか」と口に出すだけでいいならきょうからすぐトライできそう。「失敗の量産」がキーワードですね。
失敗の免疫力
大事だね〜
「心が折れにくい子」を作るには、・・


ピアノ学習者には、コンクールに参加して予選落ちの経験をしてもらいたいです。
以上

記事本文: 受験失敗でも「心が折れにくい子」の本質的要因 | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

関連記事は見つかりませんでした。

いま話題の記事