TOP > 政治・経済 > 味の素「希望退職者募集」で考える会社員の行方 | 高城幸司の会社の歩き方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

味の素「希望退職者募集」で考える会社員の行方 | 高城幸司の会社の歩き方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

食品メーカーの味の素が1月6日から開始した希望退職者の募集など、経営危機はない企業で相次ぐ希望退職の実施が話題になっています。50歳以上の約800名の管理職を対象に、約100名の希望退職者を募集。特別加算金を…...

ツイッターのコメント(32)

希望退職者に『セカンドキャリア支援に対する時間と手間をかける会社が増えている傾向』
経営危機でもないのに企業がリストラを行う時代。大手企業に就職しても、安泰なんてありゃしない。学生は本当にそこのところを考えて人生観がえて職に就くべし。
大手の窓際族減らすべきじゃな 前職思い出すとゾッとするわ
アベノミクスが本当に成功していて日本経済の未来が明るかったら、こんな風に経営危機じゃない会社が希望退職を募ることはないんじゃない❓
黒字で首切りしたい会社の言い訳。
労働運動が下火の結果。
抵抗作を考えよう。
リストラ反対の烽火を。
東洋経済。
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第3位!
経営危機ではないのに希望退職の募集 味の素に見る人材市場の変化
かといって人手不足の業界に人が流れるかと言われるとなかなか難しいんだよな→
何となくヨイショ記事っぽい?まぁ、最近は黒字リストラも珍しくないな。
大企業が次々と新陳代謝目的の早期退職者募集を始めているようですね。
常に進化し続ける人材でないと生き残れない時代が来たのかなと思います。
新しいことに挑戦する事を意識したいと思います。
切るだけきるのは労働力を供給する社会資本へのただ乗りやろ。
切った分だけ採れや。
安定企業に入っても、そこで頑張らないと生き残れない時代到来。

人生100年時代、希望退職を前向きに捉えられるか?/
ローン組んで家の購入とかギャンブルだな。
組?
はなぜ潰れないの?
ついに"黒字リストラ"の時代がきた。
日本の会社には「役立たず」は御の字。「邪魔者」が多すぎ。
でも残るのは有能な人で、ここら辺は絶対に辞めない(笑)
練宅術師のリーマン生活 005

私がリーマンしている会社では

希望退職者制度が

業績とは関係なしにずっと

継続して運用されてます

簡単に言うと

早めに辞めると退職金が増える

リーマンならではのルールかな

増えた退職金で何が出来るか

考えてると楽しいですよー❗️
大変な時代になったもんですな〜
株主の言いなりの経営者、何のためにいるのか


「かつての日本企業では「企業は従業員のもの」という考えが強くありましたが、“株主優位”の流れが、希望退職の早期化を加速させている」
いよいよ狩りが始まるか…
味の素なんて、就活の時「めちゃくちゃホワイトで待遇もめちゃくちゃ良い」ってすごい人気だった気がするけど、やっぱりずっと続くもんじゃないんだなぁ。
味の素「希望退職者募集」… まだ大学生の子を抱えた50台現役勤労世代を冷たくかつ派手にリストラする一方で、還暦を過ぎ年金を受給しているロートル老人を積極雇用する大企業。老人を甘やかす悪しき風潮の被害を、現役働き盛りがモロに受ける!
社員がいることが負債でありリスクという世の中になっていってる
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR