TOP > 政治・経済 > 高配当利回り株に投資する人がはまる落とし穴 | 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

高配当利回り株に投資する人がはまる落とし穴 | 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

12コメント 登録日時:2020-01-11 07:30 | 東洋経済オンラインキャッシュ

筆者が勤める楽天証券には、「トウシル」というオンラインメディアがある。もちろん東洋経済オンラインほどではないが、PV(ページビュー)が増えつつあって、編集部はPV獲得に熱心だ。PVランキングの上位となるテ…...

ツイッターのコメント(12)

銀行には低金利でも預けるのに、投資になれば高配当か。
具の骨頂やな。投資とギャンブルを一緒にしてる人が多いんか。
高配当が欲しけりゃ3連単で万馬券を狙え

スタイルは自分にあってる方がいいけど、欲を出せば負けるのは世界共通認識
2020年は高配当利回り株重視にしようと思っていたけど、一考の余地ありかな。
■今人気の記事■ 【高配当利回り株に投資する人がはまる落とし穴】
個人的には、高配当だから買うことはないですね。
結果的に高配当なら嬉しいけれど。
前の同僚が日産株の配当利回りいいから自慢げにしてたけど、暴落してどうなったんだろ?
高配当利回り株に投資する人がはまる落とし穴(東洋経済オンライン)
高配当株は、バリエーション的にも安いものがお買い得だと思うんだけど。
高配当というだけでは、結構資金つぎ込みにくいと思う。
☑配当性向
☑PER
辺りは最低限見た方が良いかと。
どの位利益が減っても配当し続けられるかとか、利益がどんな感じで推移しているかとか。
配当引き下げ→株価急落リスクを避けられるなら悪くないと思うがね/
生活費の足しや老後年金の足しはこういうアプローチでいいと思うね "手数料の低いインデックス・ファンドに投資しつつ、ネット証券などが最近導入している「定期売却サービス」を利用することをお勧めする"/ -
以上

記事本文: 高配当利回り株に投資する人がはまる落とし穴 | 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事