TOP > 政治・経済 > 米国でチューバ奏者が作った金管ラップの凄さ | 起業家的音楽家 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

米国でチューバ奏者が作った金管ラップの凄さ | 起業家的音楽家 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

アメリカ全土の学校で2年間にわたり休む暇もなく上演されることなった”金管ラップ”というのをご存じだろうか?このプログラム誕生の背景、そしてチューバだけでなく音楽ビジネスと音楽商品開発の講義も大学で受…...

ツイッターのコメント(11)

メンバー、バジルさん連載の最新記事がめちゃくちゃ開眼!😳させられる内容だったのでシェア。超ーーー面白かった!

アメリカのチューバ奏者の実例から、
「実際の顧客の声」を聞きながら「音楽商品」を開発するといいよ!というお話。
「キャリアというのは、自身が選択するいくつもの異なる道の”組み合わせ”で作られている」:
↓これ、シェアでしょ↓
| 経済ニュースの新基準
Discover(Google)から
後で確認してみる。
“音楽家たちは、「顧客の反応」を確かめながら「商品=コンサート、録音etc……」を作り上げるという発想をどれほど持っているだろうか?” →
ラップが先かぁ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR