TOP > 政治・経済 > 箱根駅伝、選手が「厚底」靴をあえて選ぶ5大理由 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

箱根駅伝、選手が「厚底」靴をあえて選ぶ5大理由 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

――箱根駅伝では「ヴェイパー」を履く選手が増えています。箱根駅伝をはじめ、実業団の大会から市民ランナーまで、ランニングの世界はナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライネクスト%」が席巻しています。うま…

ツイッターのコメント(84)

ビジネス的にもナイキの戦略はユニークで面白い。こういう開発ができたら面白いだろうなー
「カーボンプレートの反発」で、疲労感が大幅に軽減されることと「ヴェイパー」の廉価版「ズームフライ3」の登場したことの2大理由→箱根駅伝、選手が「厚底」靴をあえて選ぶ5大理由 |
5280とRACERは全く別のコンセプトなので、「RACERが後継」というのは違います…
ズームフライ使ってみたい
走るの嫌いだけど
そういや、山梨学院出てなかったよな。
たまたまだよね...
ナイキの戦略が深い!廉価版を出すことでソフトユーザーもハードユーザーも満たすってところも面白い。。。
箱根で負ける大学は志願者減という現実。母校は気が付いていない!
スポーツブランドとして収益1〜4位NIKE、adidas、PUMA、UnderArmourの中で、箱根駅伝のヴェイパーフライのせいでランニングはぶっちぎりでNIKEが最強に。

|
「「楽に長く走ること」に関しては「ヴェイパー」がズバ抜けており、GAFAのようなある種の「プラットフォーム」になっているという印象」自然とフォーム改善に繋がるのは大きい。
以前流行ったレーザーレーサーみたいなものなのか・・・・
今だからこそ SHOE DOG読み返してみよう、っと。
アシックスは差を付けられたなぁ…

にしても、駅女⁉️って…
どんなのか履いてみたいな。
新しい道具って凄い。
■今人気の記事■ 【箱根駅伝、選手が「厚底」靴をあえて選ぶ5大理由】
今年の箱根は「NIKE率」が半端なかった。
@kagishi_Mk2 この記事に書いてあるやつですかね…

このシューズはNIKEの分析と戦略の賜物って感じです。

足にかかる負担だけでなく走り方も前足部中心になるらしいので、フォームを変えないといけないんでしょうね…
大学も靴屋も宣伝の場だね。> 「ある大学は、箱根で盛り上がった年に、受験料収入が前年度比で億単位の差が出るほどのインパクトがあったと聞いています。」( )
わかりやすくておもしろい。
3万円するらしいけど、めった欲しくなってきた🏃‍♂️🏃‍♂️
この流れ、、完全にナイキの思うツボや。。
厚底ヴェイパーとは関係ないけど、箱根駅伝がアジアで人気になりつつあるのが面白い。もはや、「xxx経由世界行き」という論法は不要かも。箱根駅伝そのものが五輪種目になれば、どんなに面白いか
薄底シューズから厚底シューズに至るまでの流れの話などを聞いていたがおもしろいなー
距離を踏んで、故障しない為にも、やっぱり、トレーニング用シューズは大事だね。ズームフライ3 買ってみようかな。とはいっても、医者からOKが出てないから、まだ走れないけど。
イノベーションが競技を変える良い例で、ある意味潜在的な成長性がまだあるということ。

| 経済ニュースの新基準
ナイキは、「職人による靴作り」とは一線
世界中の顧客から集めた「ビッグデータ」をAIで解析し、万人にとっての理想的な走り…を可能にする厚底の「ヴェイパー」を誕生させました。


@Toyokeizai
厚底はダメ
薄底で走らないと力がつかない

という最先端テクノロジーを理解できない老害が支配している大学は箱根から陥落

ヴェイパーは今やプラットフォーム

後発も頑張ってるけどあと数年は追いつけないだろう

ちなみに僕の靴はNIKEズームフライ
フォーム変えた
「LINEやSNSで情報のやりとりがされています」最新の情報をすぐにやり取りできる時代だな。
もうナイキはテクノロジー会社。
走らないけど履いてみたい。
まるで現代版 ドラマのようですね
フルマラソンで使ったら、カーボンプレートのせいで普通と違うところが筋肉痛になったり攣ったりして逆に大変だった。ハーフ位迄なら良いんだけど…

| - 東洋経済 @Toyokeizai
NIKEの株買った時から倍になったでありがとう
ナイキ半端ない。
「ほかのメーカーはまだまだ「熟成」が足りない。「先行者利益」をもつ「ヴェイパー」が、現時点では選手を席巻」
東洋は大人の事情の煽り⁉️
昨年も、高速シューズ話題に
なりましたね…。
東洋経済記事より
これだけ理由があるなら普及も納得。水泳の鮫肌水着みたいにならないとよいですね。
禁煙トライ中だし、話題のナイキのシューズ欲しいな〜
ニューイヤー、箱根とここまで露骨に見せつけられると、日本のシューズ業界の方は正月を楽しめなかっただろうなと思う。3つ目の理由、ビッグデータ戦略が職人を上回ったという視点が私には刺さった
東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第3位!
おぉ、、すごい市場...
凄い凄いとは聞いていたけど本当に今年は蛍光ピンクと蛍光イエローの2色だったなぁ
区間新連発はピンクの勝利ってことか。10区の創価大の彼は別メーカだったので、全体に「底上げ」され(ry
なるほど❝通常、靴メーカーは「競技用シューズ」と「タウンシューズ」とでラインを分けているものなのですが、ナイキの場合は開発もマーケティングも全体でやっていて、研究所のビッグデータから市販までを一気通貫で持っていけるという強みもあります❞
今年新記録連発はこれが原因だったりして(暖かかったからだとは思うが)

/
今年も熱い戦いでしたね。シューズの性能が違うと、あんなにも記録に影響するのかとびっくり。陸王の話を思い出した。 / |
選手がすごいのだ!
規制がかからなきゃ良いけど?
「ナイキは全世界的なビッグデータを駆使してテストを重ねた」
「市民ランナーにとっては、iPodが誕生したときぐらいの革命」
/ 、選手が「厚底」靴をあえて選ぶ5大理由
駅伝,マラソンの中継・ニュースで,まず「足もと」に目がいくようになりました。ピンク色が目立ちます。箱根駅伝でも。≫≫
"選手はチームが契約したメーカーのユニフォームを着ますが、多くの大学では靴だけは選手の裁量にまかせていることが多い。選手が自由に「履きたい靴」を選ぶことができます"
もっと見る (残り約34件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR