TOP > 政治・経済 > 梅宮辰夫が最後に残した「テレビ界に思うこと」 | テレビ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

梅宮辰夫が最後に残した「テレビ界に思うこと」 | テレビ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

芸能界には「梅宮伝説」が、いくつもある。梅宮辰夫が、こんなことをやった、あんなことをしでかしたと面白おかしく語られ、それが映画ファンの間で、いつの間にか広まっているようなんだ(笑)。こういう話を俺自…

ツイッターのコメント(16)

健さんだってヤクザ映画に出てる頃なら、それだけでいい印象を持たない、お堅い方もいたはずだよ。でも、健さんの映画は熱狂的に支持された。

高倉健
「刺青描いて返り血浴びってって、あれやるとお袋が凄く悲しむんですよ😱」とコメントもしている。
#高倉健 
#梅宮辰夫
…これ、Youtuberにも当て嵌まらないかな?
コレ理解出来ないと、動画での情報発信の旬も短いと思う。
本物のスターだと、俺は断言する。今、そんなオーラが感じられるのはキムタクくらいかな。
俺から見ると、何かが足りない
「何か」とは月並みな表現をすれば、オーラだな
オーラっていうのは「近寄りがたい雰囲気」のことでありそんなオーラを持っていてこそ本物のスターだと、俺は断言する。今、そんなオーラが感じられるのはキムタクくらいかな。
ここに書かれてることを 以前も仰ってくれてたと思うのよね。
改めて ご冥福をお祈りします。
「今、そんなオーラが感じられるのはキムタクくらいかな。」
…今、そんなオーラが感じられるのはキムタクくらいかな。
梅宮さん『キムタクをはじめ元メンバーの5人とも才能はあると思う』
『オーラっていうのは「近寄りがたい雰囲気」のことであり、そんなオーラを持っていてこそ本物のスターだと俺は断言する。今そんなオーラが感じられるのはキムタクくらいかな』
東洋経済オンライン
オーラなんかより親しみやすさが求められる時代になった。近所にいるお兄ちゃんやお姉ちゃんより少しカッコいいくらいのイメージが、ちょうどいい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR