TOP > 政治・経済 > 「本末転倒な選考」がまかり通る時代は終わった | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「本末転倒な選考」がまかり通る時代は終わった | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

今回のテーマは「選考方法」です。というのも、ここ最近、人事担当者と話している中で、「面接で人の善しあしの見極めはできない」という意見を、耳にすることが増えました。もともとそう思っていた人もいましたが…...

ツイッターのコメント(19)

<本末転倒な選考>
・優秀な人事でも面接だけで、就活生の全てを見抜くのは不可能
・企業も就活生も良く見せようとするから、表面的なことしかわからない
・選考の主流:インターン→長期間、様々な視点から評価できる
・「ミスマッチ就職」が減るのは、両者にとっていいこと
「入社前の面接評価がよかった人材が、入社後、その評価通りに活躍している事例が、それほど多くないということです。」「話を聞く限り、その企業に合った人材を面接で見極めることができていないケースが多いのです。」
>だから、選考不合格が重なっても、自分に自信をなくさないでほしいのです。


採用担当者に人を見る目はないという事実が、就活生を救うのではないかとすら思います。
不採用通知を受けたら、無視しておくくらいでちょうどいい。企業なんて腐るほどあるのだから、次へいこう。
正解のない面接見極め。
採用にあーだこーだ言っても、意味ないと思う。そもそも属人的な基準しかないし、面接官の世代が変われば、基準も変わる、その程度のレベル。

それよりも、誰が入っても変わらず成果を上げられる客観的再現性の高い仕組みを作るとか、育成に力入れるとかの方がマシやって。
人事システムの導入をお手伝いしていますが、採用時の情報と社内の優秀人材とのリンクができている企業は少ないと思います。一般則ではなく、どういった評価の新人が優秀になっていくという仮説が必要。
正直ようやくか、という印象。
最近のスカウトは目が肥えておらんから。やれ六大学だの、全国大会優勝だのっていう華々しい部分しか見てませんから。スカウトが仕事をしっかり自覚しておらんと、何をやってもダメですよ。 ですよ。
ヒトとヒトとの出会いは「縁」であり「相性」なので「面接」という短時間の時間共有だけでNGを出すのはあまりにも残念だったのかもしれない。
よくいえば慎重で思慮深いタイプは、いろいろ引っかかって普通に面接で受からなかった罠。テクニックを使いこなせる人間が残ると。
AIなんて導入する前から「面接上手な学生」が有利なのは中学生でもわかること。それにしてもこの記事ちょっと長いな~読むの疲れる😣
一概に本末転倒な選考例ばかりじゃないけどね🤔🤔

少なくとも挨拶出来る出来ないは最低限🙄
こんな選考やってるの?……バカじゃん。
以上
 

関連するニュース

いま話題のニュース

PR