TOP > 政治・経済 > 不登校の小中学生、大学が「居場所」になるのか | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

不登校の小中学生、大学が「居場所」になるのか | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

福岡県太宰府市にある筑紫女学園大学。平日の昼間に大学の体育館をのぞくと、子どもと大学生、大人が一緒にボールで遊んでいた。自由な雰囲気でワーワーと盛り上がっている。子どもたちは、いわゆる不登校の小中学…

ツイッターのコメント(17)

諸事情で学校に行けなくなった子供の受け皿、もっとあっても良いと思うな。
まずは、居場所を作ってあげるの大事。
良いと思う🥰世界は少なく偏った価値観だけの場所じゃない。他の教育学部でもぜひ!
不登校の子どもの居場所づくり「キャンパス・スマイル」の取り組みが、東洋経済ONLINEに紹介されています。
こういう取り組みはとてもいいと思う / →
よく見る体育館や。
Discover(Google)から
大学とか塾とか教育関連施設は、教科を教えられる先生がいるから「学習補助」つきの居場所になる。

でも、例えば企業の一部スペースを「居場所」として開放するというのもあっていいと思う。

大学が「居場所」になるのか
大学を不登校の小中学生の居場所にする試みです。
こう言うのとてもありがたい取り組みだな。
こういった居場所がもっと増えればいいな。
福岡県にある筑紫女学園大学では、不登校の小中学生を大学生が支援する活動をしている😳

| 経済ニュースの新基準
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR