TOP > 政治・経済 > 日産がルノーへの態度を変えた切実な事情 | 経営 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日産がルノーへの態度を変えた切実な事情 | 経営 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「アライアンスは部品の共同購買や車台の共用化、人材の活用など、さまざまな成果を生み出してきた」「着実な成長にはアライアンスの活用は欠かせない」日産自動車の新しい経営トップ3人による「トロイカ体制」が1…...

ツイッターのコメント(12)

>その一方で、日産社内にはルノーとの現状の提携を疑問視する意見も根強い。先端技術などでルノーは日産に依存しているにもかかわらず、資本関係ではルノーが圧倒的優位に立つためだ。

>実務面でも日産の新車開発に...
日産はファンは多いけどそこでとどまってるからルノーに骨の髄まで喰われて枯れ落ちる光景しか思い浮かばない。将来を望むならむしろ日立に寄る辺を求めるべきだったでしょ?
まともに車両開発しろよ。
いちいち大騒ぎしやがって。
日産販売店の営業マンの苦労が分かってないだろ、こいつら、
あんまりアライアンス言うと新井やんすってあだ名つけられるぞ
人望厚いNo.2が温存されているとも言える。統合に批判的、その癖新体制叩く記事多いけど、掠われたく無いなら応援したら?
そもそも、ルノーってなんで統合したがってたんだっけ。。。。。
「ルノーとの現状の提携を疑問視する意見も根強い。先端技術などでルノーは日産に依存しているにもかかわらず、資本関係ではルノーが圧倒的優位に立つためだ。」

日産が倒産しかけたときに助けたのがルノーだししょうがないのでは?
ルノーが口出しする限り日産は立ち直らない。アライアンスは解体すべき
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR