TOP > 政治・経済 > 創造的!「空き家」巡る奇想天外ビジネスの実態 | 街・住まい | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

創造的!「空き家」巡る奇想天外ビジネスの実態 | 街・住まい | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

43コメント 登録日時:2019-12-05 05:41 | 東洋経済オンラインキャッシュ

空き家元年といわれた2015年から丸5年。この間、関連する法整備、活用の多様化など空き家をめぐってはさまざまな変化があった。ただただ混乱していた当時からすると第2フェーズに入ったともいえる。空き家を処分あ…...

ツイッターのコメント(43)

買う人がどんな人だかも気にしてほしいけど。
特定の業界に肩入れした煽り特集だったりすることがあるので、注意しながら読みたいです。
創造的!「空き家」巡る奇想天外ビジネスの実態。ゴミ屋敷や廃墟から限界集落の戸建てまで。
>廃墟のガソリンスタンドをバイク仲間の拠点にしたい(中略)など、不動産のプロの先入観を覆すような理由で買う人が少なくありません

(その手があったかと言う顔)
よく纏められていて参考になりました。
未登記は処罰ではなく、社会的バルクセールすれば良い。それでダメなら建物解体に税金使うのも納得。飴が必要
で困っている人に朗報
空き家→売れるわけがない→困った
という先入観を捨てて視野を広げてみてください。今空き家はこんなことになっているそうですよ。
利幅は低いけど地方ではこれから必須の取組みですね。
自分用のメモ。いずれ実家を何とかしなければならない時が来る…。
グルに見えないとこに記事を押し込んで隠しました。
空き家再生プロデューサー気になる🏠🍁
昨今の空き家事情をさまざまな立ち位置で書いた東洋経済らしい記事。
商品は、売り手や作り手が思うほど、過剰に手をかける必要がないという分かりやすい例。
いろいろな考え方や使い方があって良いと思います。
いろいろおもしろい。/
クリエイティブなサービスが好き。社会を良い方向に変えていく力がありますよね。

| 経済ニュースの新基準
リスクはあるでしょうけど、素晴らしい仕組みだな、と
不動産仲介業は本当にいらない
必要ならばあってもいいと思うが、現状はただのピンハネ業者にしか見えない
情報の非対称性と商習慣による固定観念ってのはまだまだいろんな業界にあるのだろうね。都市-地方は特に
不動産を資産や消費財としてでなく、再生可能な棲家として扱う時代の到来を予感させます。

 ̄ ̄ ̄
@Toyokeizai
関係人口があれば もしくは 作れれば という条件付きの話だと理解しました。 /
東洋経済オンラインさんでハロー!RENOVATIONを取り喘げていただきました!
DIY好きな人は、空き家買ってあれこれいじりまくるってのも楽しくていいかもね。高い買い物だとそんな冒険できないけど、ある程度安ければ「ダメで元々」って割り切れるから思い切りもつきやすいし。
メルカリのようにいくらでも買えるようになれば手数料ビジネスなんてならなくて済みますよね。
今後は家はさくっと買ってさくっと売る時代が来る?
場所ってやっぱ売れるんだな〜
三者三様、空き家問題解決に対するアプローチの違い。
それぞれの哲学が垣間見れて面白いですね。
考えていたことがすでにあった‥。空き家特に地方では不動産業者がブロッカーになっているのではないかと思っていた|
10年後にさらに期待 /
面白い。次ここの市場入るのでこの数日はひたすらリサーチ中。イケる気がしてきた。
以上

記事本文: 創造的!「空き家」巡る奇想天外ビジネスの実態 | 街・住まい | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事