TOP > 政治・経済 > 日本人の給料がまるで上がらない決定的な要因 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本人の給料がまるで上がらない決定的な要因 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

258コメント 登録日時:2019-12-07 06:10 | 東洋経済オンラインキャッシュ

なぜ自分の給与はこんなに低いのだろうか。そう感じたことがない人はいないだろう。国税庁が発表した最新の民間給与実態統計調査によると、2018年は上昇基調にある。年間440万円ほどだ。しかし、上がったといっても…...

ツイッターのコメント(258)

安定を取るから横並びに低い
そして、その安定は気がつくと茹でガエルかも。

どこでリスクを取るか
リスクが無いリターンは無い
悲しいね

日本人の給料がまるで上がらない はもはや国際的に「安い人たち」に
もし「給料が安い」「給料を上げたい」と思うなら、「転職」か「独立」、あるいは「副業」を考えることになる。
> 「昔は職場でゆっくりと新聞を見ていた上司が多かった」
🦗のツケを次世代が払わされてるだけじゃん…
日本の給与は諸外国と比較してもまるで安い。
この人が語るような「日本企業の現状」に出会ったことがない。
だからみんな外資に行っちゃう。
日本は「製造業」がベースにある、流動性が低いため。
→稼げる可能性もリスクも、独立>転職>副業
自分で稼げるようにならないと
思ったより良かった
■記事内の「~就職氷河期の状況だった。このとき社会に出た現在のアラフォー世代は就職氷河期で苦しんだだけでなく、その後の給料水準ダウンも強いられているというわけ~」という内容に悲しみを感じるとともにもっと頑張らなくては,思います。
"失敗しても生活保護や再就職支援などもあって、日本ではそう簡単に死ぬほどまで追い込まれない=リスクが実は少ない国だ。だから成功したら、それこそ儲けもの"
「日本の給料は海外と比較しても低い。為替を加味しても、製造業のエンジニアや管理職、サービス業のスタッフなどもおしなべて、欧米の主要国の中で劣るのだ。…日本人はもはや国際的に『安い人たち』になっている。日本人の給料は先進国との比較では…むしろ低い位置にある」
団塊とバブル世代が死滅するまで日本に未来はないかな
これからの40,50代は
厳しい現実が待ち受けています。

約30年間サラリーマンをやってきた自分には、日本の会社員の環境悪化が手に取るようにわかります。

副業は必然、転職もどんどんするべきだと思います。将来をなんとかしたいなら、ですね。
年収300万でも子を産み育てるのが難しい、人口が急減し、そうなると今の人口が老いた時に介護の人手が…というのが現実です。
「自分で考える」人を作ってこなかった結果だよなこれ。
日本は考え方とかも製造業の国だからな。
"日本はリスクとリターンが歪んでいるからだ。失敗しても生活保護や再就職支援などもあって、日本ではそう簡単に死ぬほどまで追い込まれない=リスクが実は少ない国だ。"/ |
私最近考えが少し変わってきまして、日本は「解雇要件が厳しい→人が流動しない」もそうかもしれないけれど、
「(解雇要件が厳しいという前提もありつつ)人事やミドルマネジメントに適切な評価/要求/伝達/対話/退職の段...
「日本は「転職しない」「辞めない」「クビにならない」という、基本的に雇用の流動性が低い国だ。転職しても管理職になれるケースが少ないことも、流動性を下げる一因になっている。そうなると給料はおのずと安くなりが...
雇用される側の安定思考も原因なのね
先進国では間違いなく下になってるという自覚を持つことと、
給与を上げるには、労働生産性を上げる必要があり、労使でモメるんではなく、一丸となってやっていくしかない / (東洋経済オンライン)
終身雇用を守って一億総貧乏を選んだ結果
なるほど。でも金に拘っても大していいことはないだろうがな
日本人の給料がまるで上がらない決定的な要因(東洋経済オンライン) これは「日本の労働生産性が」上がらない要因でもあると思います。終身雇用と流動性の低さ。
いまだに炎上中。
経営側が労働者の給与を上げたいと思っていないのが本当の理由
もはや、今更です。
はたらけど
はたらけど猶わが生活
楽にならざり
ぢっと手を見る
(`・ω・´)💸 / (東洋経済オンライン)
つまり非正規なら高い給与を出さないといけない、という原理がわかってない雇用主が多いんです。
10年間で40代の給与は1割減…日本人の給料はなぜ上がらない大企業社員の賃金は増えたが非正規社員を増やし内部留保が溜まり
自社株買で株主優遇や株価連動型報酬によるゴーンのような役員が増えた影響もありそうだ
外需による好景気でもトリクルダウンしないわけ
給料上げたいなら賃上げ闘争でしょ〜もういい加減に搾取の実態に目覚めないと!<
日本経済は過去30年実質で成長していない。
それでも企業は利益を出すために、非正規雇用を増やし、正社員の給与も抑えてきた。
それこそが日本人の給料の上がらない最大の理由だ。
うーん……製造業が主力だったからとか、年収500万円と1000万円の比較とか、流動性の低さとか、働かないけど首にできない上司とか……低賃金の理由って、本当にそこなんだろうか。
で、もっとお金が欲しければ「転職」か「独立」、あるいは「副業」って……。
世界的に比べたら安定してる職やけども、果たして、それでも色々な面からしたら、日本の方がまだ良いのかな?
終身雇用の給与体系で雇用して、途中で減らすなら若い頃稼いだ分を今から払えよ
#国際競争力
国力衰退する中、資源のない先進国が生産で給与が上がる余地などもはやない。知的財産など法に守られたソフトに注力しないとダメ!
長期雇用を前提にするから賃金は安く据え置かれる。雇用の流動性がないから賃金が上がらない。
確かにそう。
でもさ、本当はリスクをとって新しい賃金の高い仕事に打って出る勇気がない人が多いだけなんだと思います。...
前から言ってますが解雇規制が厳しいからです
すごく考えさせられる記事でした。
なるほどねぇ

「年収500万円でずっと雇用する社員」
「年収1000万円だが成績次第では1年しか雇用しない社員」 

企業はこの2つの選択肢を比べるのだ。

日本人の給料がまるで上がらない決定的要因(東洋経済オンライン)
→流動性が低いだけではなく、職能性もない、労働組合も会社ごとだったり
日本人は我慢が美徳であり給料低くても文句言わない人が多い、ってのも大きな理由だと思う。ただ文句言うのはリスクもあるし言いにくいってのも事実
少し真面目に書く。少数が中間搾取して1労働者あたりの賃金が低下しているから生産性指標は落ちる。当たり前。日本はアメリカの8倍の派遣企業が存在する。これがそれを助長させている。
すでに競争力を失っている?!政治も企業も教育もすべて責任があるかも?
これ系の内容って5年くらい前から本で書かれてたよね。
いかに社会人が本を読んでないのか、現状打破ができないかを
語っているようにも見える。
ぐだぐだ理由挙げてるけど結局「仕事は給料の額だけではない」とか「諸外国に比べればまだまだ安定的な雇用という安心感」とか言い訳してるからダメで、さっきの件といい「評価相応の報酬が払われていない」ことが一番の問題
「一度契約したら、38年間は購読してください。その代わり1冊の値段は500円です」という契約と、「1冊1000円ですが、つまらなかったらこの1冊でやめてもらってかまいません」

これ3行で完璧。超わかりやすい。

まさしく...
都合のいい時だけ法律改正がはやい現政権だよね。 国民目線はナシ。
すでに先進国ではなく、衰退途上国という感じ。あと10年も失政が続けば、完全な衰退国(発展途上国)の仲間入り。侵略のリスクも高まってくる。
不安定な職のほうが給料が低いという
これはデフレと解雇規制の影響ですね。
10年間で40代の給与は1割減…
日本人の給料はなぜ上がらないのか
バブル世代のおいらは可処分所得は20代の当時より多少増えた程度で役職定年、世の中給料安過ぎじょないかい?そんな人多いと思うよ。
「国際的に見ても、もはや競争力を失っている」とのこと。
日本人は英語もできないから世界をちゃんと見ていなくて、自分たちが取り残されているのも知らない。
まさに「何も知らない日本人」by GoT
---
いいえいいえ、製造業ベースは理由になりない。根本的な理由は人の流動性は低すぎる+同一賃金になってない+徹底的な平等教育(洗脳)=給料上がらない+創造力が失う。

👇🏻
給与が相対的に安いとか働く人の流動性が低いとか言っているうちに、日系企業のバランスシートが良化している事実もある。10年後には5G+メカトロ二クスの分野で日系企業が反攻に転じる可能性があると僕は思う。ただ、人事戦略で新卒一括採用にこだわる企業はへこみそう。
デフレだからです。
被雇用者はいつでも辞められるけど、雇用者は従業員をいつでも解雇できるわけではない。
日本は悪い意味で平等やね!!ポンコツはこれに助けられるんやけど!!
でもツケはくるよね!
まさに今やけど(^。^)
過去の栄光にすがり付いて日本スゴいスゴいという連中のなんと多いことか。今の日本の最大の雇用は製造業ではなくて福祉関係でしょ?
-東洋経済

「給料は1997年の467万円よりも低い。しかも30代中盤から40代には、さらにショックなことをお伝えしなければならない。それは、10年前と比べて自分たちの給料は先輩たちがもらっていた額よりもはるかに少ないのだ」
気がつけば日本人の給料水準は先進国のなかで低いとのこと(^^;
筆者は「流動性の低さ」を主因に挙げているが、これは社会主義国家では通例の事だ。右翼は「新自由主義」を攻撃するが、これもゾンビ企業の延命でしかなく、流動性は高まらない。
何故,日本人の給料が上がらないのか?
それは,すべて,政治とマスメディアの所為です

こんな記事読んで有り難がってる様では駄目駄目です

👉
いつのまにか日本も安くなったな
終身雇用の崩壊、っていうか
それに興味ある人は少なくなったんじゃね?
色々なことやりたいっしょ実際。

流動性あげてこーぜ。
別にいいじゃん。能力ないのに給料貰おうなんておかしいと思うし。
働かないで生活保護貰ってる事をTwitterで自慢してるba-kaって多いよね。
そう、今の世の中、精神を蝕まれる罠はたくさんあるけど「肉体的に死ぬ」危険はまだ少ない。生きていくのにはメンタル的耐久性が重要視される世の中だと思う

「日本ではそう簡単に死ぬほどまで追い込まれない=リスクが実は少ない国だ。だから成功したら、それこそ儲けもの」
そうだけどでも物価も税金も違う定期
業界が持続可能で、消費者にはお値打ちと思える相場を作らなければ。 自戒を込めて。 @Toyokeizai
うまくいってる内はよかったけどあれ?やばくね?ってなった頃にはなんとかする体力も既に尽きていると。
Japのお給料が上がらないのは、個々人が努力を怠っているだけではないですかね。
働き盛りの30代中盤から40代後半の読者には、さらにショックなことをお伝えしなければならない。
現在のアラフォー世代は就職氷河期で苦しんだだけでなく、その後の給料水準ダウンも強いられているというわけだ。
日本の賃金に対する感覚は誤っている。
 年功序列と新卒同時採用が基本となり、能力給の思考は無い。
 全員横並びで少しでも収入増を指向すれば残業しかない。サッサと仕事を済ませれば収入減。
市場が無いんじゃ新しい商品もサービスも生まれないよ。
需要があって供給が生まれるわけで、供給がいくらあっても需要はできない。
日本の雇用の良い所が、そのまま悪い所、に繋がるんだろうな。
難しい時代だ。
日本は転職が厳しいのに海外は盛んに転職できて自分の過ごしやすい環境に身を置けるってのはすごい魅力的だと思う
やってる仕事が一緒なら上がんねぇわな。入ってくる収益が一緒だから給料も上がる訳無い。だから企業は新しい事に挑戦し続けなければならない。
原因の探求で労組弱体化と各地でばらつく最低賃金の言及がないと、本質にたどり着けない懸念を感じました。
これについては2つ言いたいことがあって、1つは売上が給料に直結する仕組みを作ってこなかったことと、もう1つはそれだけ日本人が価値ある仕事をしてこなかったことです。

世界恐慌には最強だろう
稼げる可能性は、独立>転職>副業だが、リスクも、独立>転職>副業となる。
言われてみれば当然のことしか言ってないが、「日本の雇用環境はどんどん悪化しててお先真っ暗」という方向に持って行きがちなネット民に読んでほしい記事ですね
もっと見る (残り約158件)

記事本文: 日本人の給料がまるで上がらない決定的な要因 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事