TOP > 政治・経済 > 年末調整で見落としやすい7つの節税ポイント | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

年末調整で見落としやすい7つの節税ポイント | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

22コメント 登録日時:2019-12-04 07:28 | 東洋経済オンラインキャッシュ

年末調整は、会社員にとって年末の恒例行事、おなじみの手続きでしょう。税金の一部が返金されると、ちょっとした小遣い稼ぎのように感じるかもしれません。しかし、年末調整で申告できるものを見落としてしまい、…...

ツイッターのコメント(22)

東洋経済・オンラインで読まれた記事ランキング第2位!
ここまで理解している人がどれくらいいるんだろう?
今年から税理士に全部お任せコースや
税金の種類多すぎるだろこれ
Discover(Google)から
ふむふむ。 “ - 東洋経済オンライン“
家族会議の議題にしていいくらい、
会社員さん家計担当さんは必読です👓
会社の担当者が年末調整に詳しい人なら気を利かせてくれるけど、基本的には自分が申告しないと控除は受けられない。
うーん。ふつうの記事だった。
--- 年末調整で節税をするための7つのポイント 子どもの国民年金保険料など
NISAとかやってる連中が年調の控除漏れ起こすとか考えられんのだがw。

年末調整で節税をするための7つのポイント 子どもの国民年金保険料など
会社で年末調整を行う方はそろそろ申告書の提出期限だと思いますが、提出前に今一度確認していただければ、何かの役に立てるかもしれません。
①こどもの国民年金保険料②寡婦控除③扶養者控除(親も)④個人型確定拠出年金⑤ふるさと納税の控除

会社や税理士への提出漏れがありませんように! /
みなさん今年もしっかり節税して、余分な税金を支払わないようにしましょう。

お金の勉強はあなたを救う。
以上

記事本文: 年末調整で見落としやすい7つの節税ポイント | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事