TOP > 政治・経済 > 中部空港に「飛行機遊園地」が生まれた理由 | エアライン・航空機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

中部空港に「飛行機遊園地」が生まれた理由 | エアライン・航空機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

16コメント 登録日時:2019-12-07 05:26 | 東洋経済オンラインキャッシュ

愛知県の中部国際空港は、2018年10月に開業した空港隣接の複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」の年間来場者数が、目標を上回る160万人超になったと発表した。中部国際空港の犬塚力社長は「大変順調に推移…...

ツイッターのコメント(16)

こんなのあるのか…中部とか全く用がないけどいってみたいな…
これめっちゃ行きたいな
いつだかセントレアに行った時に寄ったけど、日本じゃないみたいだったな。
セントレア自体広すぎて疲れた記憶がある。

Discover(Google)から
「中部空港に「飛行機遊園地」が生まれた理由」 ここのボーイングストアはいいぞ。ただ第一ターミナルからは正気を疑うレベルで遠い。細切れ動く歩道を延々乗りつぐ。あとプロジェクションマッピングは期待するな。なんもマッピングしてないただのプロジェクション映像だ。
ふらいとおぶどりーむず楽しそう!
ああ…いってみたい…
ここ行きたいんですよ。❤️
中部地方のボーイング(シアトル)の「深いつながり」。>
以上

記事本文: 中部空港に「飛行機遊園地」が生まれた理由 | エアライン・航空機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事