TOP > 政治・経済 > がんになった緩和ケア医が悟った余命の真実 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

がんになった緩和ケア医が悟った余命の真実 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

13コメント 登録日時:2019-12-05 06:32 | 東洋経済オンラインキャッシュ

外科主治医による病理検査の結果説明を受けた。私の胃悪性腫瘍は10万人に1人の希少がん、ジストだった。追い打ちをかけたのが、極めて高い腫瘍の悪性度を示す、とてつもない数値だった。目を疑った。通常、がんな…...

ツイッターのコメント(13)

@BUYAMABE 東洋経済オンラインで、緩和ケアの方の話が出ていましたが、「食べられなくなってくると、余命は1カ月ほど」

断食とは違いますが、実感しました。
■今人気の記事■ 【がんになった緩和ケア医が悟った余命の真実】
どう捉えるられるか?
医学書に載っていることがすべてではない

は知られていること
そこから外れた時どうするか
「食べられなくなってくると、余命は1カ月ほど」...確かにそう思う。だから少しでも食べて欲しかったんだけど...(*´Д`*)
緩和ケア医の大橋先生の記事

”「食べられなくても、生きられる」事実を書いてくれている医学の教科書など、この世にはない。でも実際、身をもって私は経験した。半年間、ろくろく食べられなくても、人は、生きられる時は生きられるのである”

様々な事を気づかされる体験談
「半年間、ろくろく食べられなくても、人は、生きられる時は生きられるのである。

医学書に載っていることがすべてではない。」

がん(ジスト)になった緩和ケア医の大橋洋平さんの葛藤とこころの変化。

「病気とどう向き合うべきか」について教えてくれる記事です。
そういうタイプのガンあるのね
以上

記事本文: がんになった緩和ケア医が悟った余命の真実 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま話題の記事