TOP > 政治・経済 > ドイツの景気が日本よりも落ち込んでいる理由 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ドイツの景気が日本よりも落ち込んでいる理由 | ヨーロッパ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

世界的に景気の底入れを期待するムードが広がる中、依然として欧州・ユーロ圏は精彩を欠く状況が続いている。製造業PMI(購買担当者景況指数)はドイツを中心として惨憺たる状況が続いており、最新10月時点では...

ツイッターのコメント(30)

EU内の人件費の安い国から労働力を導入でき相対的に安いユーロのレートで輸出できるのだから、ドイツ経済は元々ドーピングだったのだ。
@Toyokeizai
世界経済に左右されやすい外需依存型の経済構造と稼ぎ頭の自動車産業が世界的に停滞している事が主な原因。
楽観できないかも。
[東洋経済]

◎2つの要因による自動車生産の縮小が直撃
◎「永遠の割安通貨」で輸出依存度は高いままに
◎ここに至っても財政緊縮路線を維持する構え
ドイツが日本より低成長との話
>ここに至っても財政緊縮路線を維持する構え
韓国も一緒だが、輸出依存度を上げると不況時のダメージが大きくなるという典型例ですね(´・ω・`)ここの場合、ユーロチートも要因にあるけどww
政権が末期だから対策打てない可能性があるんじゃないかな。
東洋経済
唐鎌大輔。自動車産業の停滞(中国の小型車減税の廃止・排ガス規制の厳格化)が理由。中国と一蓮托生のドイツ経済だが、「永遠の割安通貨」ユーロがあるため日本よりも輸出拠点の立場を維持してることも大きいと。
そもそもドイツはやろうと思っても出来ないのでは?。自国通貨マルクを捨ててEUに加盟した以上は。
"ドイツの輸出依存度(輸出÷実質GDP)は40%弱と日本の20%弱に比較してかなり高い。世界輸出に占めるドイツの存在感は中国の台頭と共に日本が小さくなっていたことに比べると、しっかりと維持されている。"
ドイツの景気が日本よりも落ち込んでいる理由(東洋経済オンライン)

敗戦国の末路
とはこういうものだったのか.
誰だよ。日本は輸出が弱いから経済成長しないっていってたやつ。輸出重視だと、こうなるやんか。/
ドイツに出稼ぎに行っている若者が、日本に帰りたくないって言っていると聞いたけどな。働きたい国ランキングは遥かにドイツは上だよね
《ドイツが現在の苦境を乗り切るにあたっては、外需減退の影響を和らげるべく政府部門による拡張財政が求められるところだが、これに踏み切る様子はうかがえない。》
主権通貨を持たないドイツは財政拡大が必要でも幅が決められている。日本にそれはないから、できる。
| 唐鎌大輔 東洋経済
・2つの要因による自動車生産の縮小が直撃
・「永遠の割安通貨」で輸出依存度は高いままに
・ここに至っても財政緊縮路線を維持する構え
欧州は手のひら返しに中国と親密になるからこうなる。
やはり、中国の爆買いだのみに集中させすぎるのは悪手か?
Discover(Google)から
メルケルが悪いだろって話
中国経済依存の影響か?
景気が
我が国よりも
落ち込んでいる理由
ユーロ経済のカギ
ドイツの自動車産業
財政出動
@Toyokeizai 輸出依存度が40%のドイツは日本の2倍。生産拠点分散化が進んだ日本とは違ってマクロ要因でのダメージが大
ドイツに比べれば海外経済の環境に四苦八苦することのない体質になったということは言えるかもしれない
興味深く拝読。 『...産業空洞化と揶揄されることもあり、日本の状況のほうが良いとは一概に言えないのだが...』 【 - 東洋経済オンライン】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR